ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » ミクロものづくり大学「PVDコーティング技術講習会~X線残留応力測定~」開催のご案内【ミクロメールニュースNo366】

ミクロものづくり大学「PVDコーティング技術講習会~X線残留応力測定~」開催のご案内【ミクロメールニュースNo366】

 岡山県では、「ミクロものづくり大学」として標記セミナーを開催しますので
お知らせします。
 なお、お申し込みは下記「6申込方法」により申込先あてへお送りください。

================ 開 催 要 領 ===============

 ミクロものづくり大学
      「PVDコーティング技術講習会~X線残留応力測定~」のご案内

 岡山県では、県内企業のものづくりの高度化を支援する「ミクロものづくり岡山創成
事業」に取り組んでおり、その一環として「ミクロものづくり大学」と銘打ち、講習会
等を開催しています。製品に内在する残留応力は、製品の破壊や変形など信頼性や寿命
に関わる重要なファクターであり、PVDコーティングにおいては皮膜硬度や耐久性、密
着性に大きな影響を及ぼすことが知られています。そこで、今回は、X線による残留応
力測定を取り上げ、講習会を開催します。長年、公設試験研究機関の立場からX線残留
応力測定に関わってこられた奈良県産業振興総合センター三木靖治氏ならびにポータブ
ル型装置の開発に携わってこられたパルステック工業(株)の内山宗久氏をお迎えし、
X線残留応力測定の基礎とその応用事例についてご講演いただきます。自社の材料開発、
製品の品質管理等のお役に立てると思います。多数のご参加をお待ちしております。

1 日 時  平成31年3月12日(火)13:30~16:00

2 会 場  岡山県工業技術センター 1階技術交流室 (岡山市北区芳賀5301)

3 講演内容
  (1)講演題目「X線残留応力測定の基礎と表面改質膜の残留応力測定」
                   奈良県産業振興総合センター 三木 靖治 氏
       〔概要〕X線残留応力測定を行う上で必要な基礎知識とそれらに関係す
           る国内外の規格について、さらには熱処理品、ブラスト処理や
           ハードコーティング等の表面改質膜の測定について実例を交え
           て紹介いただきます。

  (2)講演題目「2次元検出器を用いた残留応力測定装置の原理と測定事例紹介」
                    パルステック工業株式会社 内山 宗久 氏
       〔概要〕ポータブル型X線残留応力測定装置の原理、溶接や熱処理、表
           面処理など実製品ならびに現場での測定事例をご紹介いただき
           ます。

4 参加費  無料

5 定 員  40名

6 申込方法/問い合わせ先
   平成31年3月4日(月)までに、➀参加者のお名前・ご役職、➁企業名、➂所在
  地、➃連絡先の電話番号/E-mailをご明記の上、E-mail又はFAXのいずれかによりお
  申し込みください。なお、席数に限りがあるため、先着順にて受け付け、定員に達し
  次第、締め切りますので、あらかじめご了承ください。
  〔お申し込み・お問い合わせ先〕
   岡山県工業技術センター 素材開発部 基盤技術創成科 國次 真輔
   E-mail:shinsuke_kunitsugu@pref.okayama.lg.jp
   FAX: 086-286-9630、Tel: 086-286-9600

2019年02月05日

ページのトップに戻る