ミクロものづくり岡山

HOME » ミクロものづくり岡山メールニュース » 「おかやま次世代産業関連技術研究会 第2回技術セミナー」開催のご案内 【ミクロメールニュースNo320】《終了》

「おかやま次世代産業関連技術研究会 第2回技術セミナー」開催のご案内 【ミクロメールニュースNo320】《終了》

 このたび、「おかやま次世代産業関連技術研究会 第2回技術セミナー」
が開催されますのでお知らせいたします。
 なお、お申し込みは、下記「参加申込」によりお願いいたします。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 「おかやま次世代産業関連技術研究会」第2回技術セミナー
  ~オープンイノベーション啓発・次世代ニーズ発信~

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━

 技術の多様化・複雑化から、自社のみでは解決できない課題の解
決や研究開発の期間短縮を図る「オープンイノベーション」の動き
が広がっています。
 本セミナーでは、この「オープンイノベーション」に対する「岡
山県」「県内企業」の取り組みを紹介します。
 また、このような「オープンイノベーション」を活用した県内企
業の研究開発や事業化加速に向け、次世代産業分野の事業を推進す
る川下企業様より、関連する事業の動向、取り組み内容紹介とニー
ズの発信を頂きます。

◆日 時   平成30年10月10日(水) 13:15~16:45

◆会 場   岡山ロイヤルホテル 2F 光楽の間 (岡山市北区絵図町2-4)
      *地図はこちらをご覧ください→http://www.orh.co.jp/access/

◆主 催   岡山県・公益財団法人岡山県産業振興財団

◆後 援   岡山県自動車関連企業ネットワーク会議

◆定員等  80名 
      ※定員に達した場合はお断りすることがあります。
       お断りする場合のみ連絡します。

◆参加費  無料  交流会*3,500円(事前申込み要)

◆プログラム

    13:15~13:20 開会の挨拶

  ≪第一部 オープンイノベーション啓発セミナー≫
    13:20~14:00 〔講演Ⅰ〕
           「オープンイノベーションの重要性と、
            岡山県が目指すオープンイノベーションの姿」
           〔講 師〕
            (公財)岡山県産業振興財団 ものづくり支援部
            研究開発支援課 チーフコーディネーター 小林 隆宏 氏
    14:00~14:35 〔講演Ⅱ〕
           「ダイヤ工業株式会社のオープンイノベーション取り組み」
           〔講 師〕
            ダイヤ工業株式会社
            開発部門 アドバンスドエンジニア 小川 和徳 氏

    14:35~14:50 休 憩

  ≪第二部 次世代産業ニーズ発信会≫
    14:50~15:40 〔講演Ⅰ〕
           「ワイドバンドギャップパワー半導体デバイスの最新技術
                 ~GaN、SiCデバイスとアプリケーション事例~」
           〔講 師〕
            パナソニック株式会社
            オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社 
            パワエレ事業推進室 パワエレ開発部
            担当部長 高橋 理 氏
    15:40~16:40 〔講演Ⅱ〕
           「三菱自動車のEV用パワートレインに関する
                            取り組みとニーズ(仮)」
           〔講 師〕
            三菱自動車工業株式会社
            EV・パワートレイン技術開発本部 
            チーフテクノロジーエンジニア 百瀬 信夫 氏

    16:40~16:45 事務局からのご案内

    17:00~18:30 交流会

◆参加申込 下記URLもしくは募集チラシにに必要事項を記載の上、FAXまたは
      メールにてお申し込みください。
      http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1561.html
      ※平成30年10月4日(木)申込締切

◆事務局  公益財団法人岡山県産業振興財団
      ものづくり支援部 研究開発支援課 担当:小林・藤原
      TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
      E-mail:kaihatsu@optic.or.jp

2018年08月09日

ページのトップに戻る