ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 「平成30年7月豪雨による災害に対応した中小企業者向け県融資制度の取扱い」開始のご案内【ミクロメールニュースNo314】

「平成30年7月豪雨による災害に対応した中小企業者向け県融資制度の取扱い」開始のご案内【ミクロメールニュースNo314】

 このたび、岡山県及び岡山県信用保証協会より平成30年7月豪雨による
災害に対応した中小企業者向け県融資制度の取扱いが開始された旨のお知ら
せがありましたのでお知らせいたします。
 ◆詳細は、下記をご覧ください。
   http://www.pref.okayama.jp/page/331085.html

______________________________________

 危機対策資金
   大規模な災害や金融秩序の混乱の影響を受けた時、または、災害等の発生に
  備えて事業継続計画(BCP)の策定やその実施に必要な設備投資を行う場合
  に利用できる資金です。
______________________________________

 平成30年7月豪雨の被災地域が、セーフティネット保証4号の指定地域として
告示されましたので、豪雨災害により売上高等が減少している中小企業者を支援す
る県制度融資「危機対策資金」の取扱いを開始しました。

1.指定地域(18市町村)
  岡山市、倉敷市、玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、
  瀬戸内市、赤磐市、真庭市、浅口市、早島町、里庄町、矢掛町、鏡野町、
  西粟倉村、吉備中央町

2.融資の対象者
平成30年7月豪雨の影響で売上高等が前年同月比20%以上減少して
  おり、市町村長からセーフティネット保証4号に該当する旨の認定を受
  けた中小企業者

3.資金使途
経営の維持及び安定のために必要な運転資金及び設備資金

4.融資限度額
  8,000万円(通常の保証とは別枠)

5.融資期間
10年以内(うち据置期間2年以内)

6.融資利率
  年1.15%以内

7.保証料率
年0.60%(岡山県信用保証協会による独自割引0.20%適用後)

8.取扱金融機関
  中国銀行、トマト銀行、鳥取銀行、山陰合同銀行、広島銀行、もみじ銀行、
  阿波銀行、百十四銀行、香川銀行、伊予銀行、愛媛銀行、四国銀行、
  西日本シティ銀行、おかやま信用金庫、玉島信用金庫、津山信用金庫、
  水島信用金庫、備北信用金庫、日生信用金庫、吉備信用金庫、備前信用金庫、
  倉吉信用金庫、笠岡信用金庫、商工組合中央金庫

9.申込み手続き
  融資を受けようとする中小企業者は、市町村長から中小企業信用保険法
  第2条第5項第4号の認定(セーフティネット保証適用の要件)を受け、
  原則として取扱金融機関を経由して信用保証協会へ申し込む。

10.中小企業信用保険法第2条第5項第4号による地域指定の期間
  平成30年7月5日~平成30年10月16日

【お問合わせ先】
  岡山県産業労働部 経営支援課 金融支援班 Tel 086-226-7361
  岡山県信用保証協会 保証経営支援部    Tel 086-243-1122

2018年07月18日

ページのトップに戻る