ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » コーディネーターのつぶやきNo16

コーディネーターのつぶやきNo16

 先週の21日に「機械要素技術展」の技術調査の為、東京へ出張しました。今年の岡山ブースは
県と市のブースを隣接させて一体化を図った展示でしたので、より強く岡山の”優れたものづくり
技術”をアピール出来たと思います。
 さて他県の企業ブースの様子ですが、今回は来場者の目を引き付けるようなエンターテイメント
性の高い大作もあり、出展企業の本気度を感じさせる展示が散見されました。展示の中で小職が
感心したのは、資本金500万円・従業員数16名の小規模企業者が、高度な切削加工技術を活かし
て、大学MOTと共同で彫塑レリーフの技術開発をし、BtoCの新規事業を成功させた事例で
す。産学官連携に係わる仕事をする小職には大変勉強になりました。
 BtoCの事業をお考えの企業様は是非、「Keyword:毛利 レリーフ」でネット検索をして
みて下さい、きっと参考になると思います。

五軸加工で製作したジオデシックドーム(左:樫の木製、右:アルミ製)
1mm径の工具で削り出したレリーフ(顔は銅製&目の光彩は真鍮製)

2018年06月26日

ページのトップに戻る