ミクロものづくり岡山

HOME » ミクロものづくり岡山メールニュース » 「難削材加工トライアル」の参加企業募集についてのご案内【ミクロメールニュースNo289】《終了》

「難削材加工トライアル」の参加企業募集についてのご案内【ミクロメールニュースNo289】《終了》

 このたび、(公財)岡山県産業振興財団より「難削材加工トライアル」の
参加企業募集についてのご案内がありましたのでお知らせいたします。
 なお、お申し込みは、下記「申込方法」によりお願いいたします。

=================================

    「難削材加工トライアル」の参加企業募集について

=================================

 ステンレスから始まり、チタン合金や超耐熱合金などの難削材は、
航空・宇宙、医療、エネルギー等、今後進展が期待される分野での用
途が広がっています。これらの産業分野に参入するためには、難削材
を高効率で加工する技術を獲得することが不可欠とされています。
 この度、難削材加工技術のさらなる高度化、受注の促進を図るため、
「難削材加工トライアル」を実施します。この取り組みは、難削材の
加工条件の探索、具体的な部材や製品を想定した試作加工、切削加工
工程の効率化など、難削材加工技術の高度化や人材育成に取り組む企
業の支援を目的として実施するものです。
 つきましては、「難削材加工トライアル」に取り組む企業を下記によ
り募集します。

  記

◇事業内容
 1 支援対象とする取り組み(加工トライアル)
   ①加工経験のない難削材の試加工
   ②難削材の高効率加工に向けた加工条件の探索
   ③自社製品等、具体的な部材、製品を想定した難削材の試作加工
   ④その他、申請企業の切削加工技術の高度化、人材育成に資する
    取り組み 
 2 支援内容
   上記の取り組みに用いる素材、工具の提供。
   提供する素材及び工具については次のとおり。
  ①素  材
  ・対象材種:超耐熱合金、ニッケル基合金、チタン合金、ステンレス、
   高融点金属などの難削材(加工技術の高度化に取り組む場合は一般材も可)
   その他、入手可能な素材であれば対応しますので御相談ください。
  ・支給素材:上記材種で、予算内で対応可能な数量とします(1社あ
   たりの目安として、ハステロイでφ120mm×83mmを2個相当)
   素材形状は予算内で調達可能な形状であれば、制限は設けません。
  ②工  具:課題加工に必要な工具で、予算内で提供可能な数量
  ※素材のみ、工具のみの支給も可能です。

◇募集定員:10社程度(県内に事業所のある製造業を対象とします。)
      ※応募内容を審査の上、予算内で対応可能な企業数まで採択します。
      ※申込み多数の場合は、申込み順で採択します。

◇成果確認:成果物(加工品)、使用後の支給工具を
      平成30年11月30日(金)までに
      (公財)岡山県産業振興財団に提出してください。
      加工品、工具は、成果の確認後返却します。
◇参加に当たっての留意事項
 1.加工品は、岡山県・(公財)岡山県産業振興財団が実施する難削材
   加工クラスター形成事業のPR等で活用する際に無償で貸与してく
   ださい。また、参加企業がものづくり系の展示会に出展する際には
   展示物として積極的に活用してください。
 2.参加企業は別に開催する報告会で取り組み内容の発表をお願いし
   ます。報告会には支援企業以外の県内製造業の参加も受け入れます。
  ※報告会の日程などにつきましては、参加企業決定後に別途お知らせい
   たします。  

◇申込方法:下記URLに添付されている申込書に必要事項を記載し、
      次の申込先にFAXもしくはメールでお送りください。
       http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/1421.html
      ※申込書が確認できない場合は、下記までご連絡ください。

◇申 込 先:(公財)岡山県産業振興財団ものづくり支援部
      担当:西田、勝野
      〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 
            テクノサポート岡山内
      TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676 
      E-mail:sangaku@optic.or.jp

◇申込締切:平成30年5月18日(金)

2018年04月17日

ページのトップに戻る