ミクロものづくり岡山

HOME » ミクロものづくり岡山メールニュース » 「第127回型技術セミナー」開催のご案内【ミクロメールニュースNo285】《終了》

「第127回型技術セミナー」開催のご案内【ミクロメールニュースNo285】《終了》

 このたび、(社)型技術協会の主催により、標記セミナーが開催されますので
お知らせします。
 なお、お申し込みは、下記「申込方法」によりお願いいたします。

     開催要領はこちらから
         ↓ ↓
http://www.jsdmt.jp/03seminar/127.html

========== 募 集 要 領 ==========
        第127回型技術セミナー
   「金型加工技術の最新動向-CAMから機上計測まで-」

◆開催日時:2018年5月24日(木) 10:00 ~ 16:40

◆開催場所:慶應義塾大学 矢上キャンパス 大会議室
       〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1

◆主  催:(一社)型技術協会

◆協  賛:(一社)日本金型工業会

◆趣  旨:
  5軸制御工作機械の普及や新しい異形工具(バレル工具)の登場により,
 金型加工技術も大きく変化しています。また,我が国の少子高齢化で,国
 内のものづくりには省人化・自動化の推進による一層の生産効率向上が求
 められています。
  一方,ITやIoTを駆使したものづくり改革が指向される中で,CAMソフ
 トやCAEソフト,シミュレーションツールや機上計測技術の最新動向を知
 ってそれらを使いこなすことができれば,金型加工における製造リードタイ
 ムの短縮,加工精度や加工品質の向上,加工トラブルの削減を達成すること
 ができます。
  今回のセミナーでは,金型加工に必須のソフトウェアやシミュレーション
 ツールの最新機能や最新技術をご紹介することで「金型加工プロセスの改革」
 のヒントにしていただこうと考えています。
  また,講師の方々と参加者との議論を通して有意義なセミナーになること
 を心より願っています。

◆講演者:(講演順)
 司 会: 神戸大学 白瀬 敬一 氏

1) 10:00~10:50「Tebisによる金型製造プロセス改善のご紹介」
  丸紅情報システムズ株式会社 山口 寿 氏
  要旨: 本講演では、製造プロセス全体をカバーする豊富なモジュール群を
     保有しているTebisシステムの活用による、製造リードタイムの短縮、
     及び高速・高精度加工の実現について紹介致します。特に信頼性の高
     いNCデータが求められる5軸加工機への対応や、今話題の異形工具
     への対応など切削加工プロセスの改善提案を中心にご説明いたします。
2) 11:00~11:50「CAM-TOOLによる5軸加工の優位性」
  株式会社C&Gシステムズ 井上 真由美 氏
  要旨: 近年の金型加工は、要求品質は上がっており加工精度を維持しなが
     ら、さらなる納期短縮と効率化が求められています。そこで当社は5
     軸制御マシニングセンタ対応のCAD/CAMソフトウェア、CAM-TOOL
     の機能提案を行い、高硬度材の加工や5軸加工など金型企業が直面す
     る課題の解決に向けた取り組みをご紹介いたします。

  11:50~12:50  昼 休 み

3) 13:00~13:50「VERICUT OptimizationによるNCプログラムの最適化技術」
  株式会社CGTech 茨木 保彦 氏
  要旨: VERICUTの最適化技術は、切削条件に基づいて送り速度を自動的に
     変更してプログラムの効率を高め、工具寿命を延ばし、加工面の仕上が
     り品質を改善します。
      新しい最適化モジュールであるForceは、材料と切削工具の材質に関
     する材料特性と、切削エッジのジオメトリ、VERICUTでシミュレーショ
     ンされた切削条件を使用して、切削力と工具負荷を予測して送り速度を
     最適化する技術により、大変注目を集めています。
      VERICUTの最適化技術による加工効率の向上についてご説明いたし
     ます。
4) 14:00~14:50「CADデータの品質が業務効率を決める!
           クラウドデータ品質管理サービス“CADデータチェッカー”」
  株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ 服部 正太郎 氏
  要旨: 今やものづくり現場では、設計~製造~保守に至るまで様々な業務に
     おいて3次元データが活用されています。今回はこの3次元データの
     「品質」に着目し、CADデータの品質が様々な工程における業務効率に
     大きく影響を与えていることをご説明いたします。
      また、この「品質」を高めることが業務効率改善のカギとなることと
     をご理解いただき、CADデータ品質管理を実現するためのクラウドサー
     ビス「CADデータチェッカー」をご紹介いたします。

5) 15:00~15:50「機上計測の信頼性を高める今後の課題」
  株式会社キャプテンインダストリーズ 山下 宏 氏
  要旨: 国内における工作機械の高精度化は急激に進んでおりますが、機上計測
     は伸び悩んでおります。
      計測の一部である芯出しは、必須作業に近い状況で実施されております
     が、加工後の計測、追い込みは、まだまだ進んでおりません。欧米諸国で
     は機上計測の技術は進んでおり、生産性の向上に繋がっています。
      国内の機上計測の障壁を打ち破り、機上計測による信頼性、生産性の向
     上の提案と将来の機上計測テーマをご紹介いたします。
6) 16:00~16:40 まとめ・質疑応答
  神戸大学 大学院工学研究科 教授 白瀬 敬一 氏
  名刺交換交流会

◆参 加 費:いずれもテキスト1冊を含む
      会 員:21,000円(会員の対象は主催・協賛団体会員です)、
      学生会員:1,000円、一 般:31,000円
      ※個人会員A入会申込付き37,500円
            (ご希望の方は事務局までお問合わせ下さい)
       内訳:参加費21,000円+入会金3,000円+4月入会時会費13,500円
      ※海外から送金の場合、銀行取引手数料4,000円が別途必要となります。

◆募集人数:40名

◆申込締切:5月14日(月)
      ※申込締切日後のキャンセルはできません。参加費をお支払いいただき
       ます。

◆申込方法:ホームページよりオンライン申込(http://www.jsdmt.jp/)
1)参加決定者には参加券・請求書をお送りいたします。
2)当日参加券と引換にテキストをお渡し致しますのでご持参下さい。

◆問 合 先:一般社団法人 型技術協会
       TEL:045-224-6081 E-mail:info@jsdmt.jp

2018年04月04日

ページのトップに戻る