ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 岡山大学 知恵の見本市2015のご案内

岡山大学 知恵の見本市2015のご案内

12月4日(金)に,第10回目となる「岡山大学 知恵の見本市2015」が
開催されますので、お知らせします。

──────────────────────────────────
「岡山大学 知恵の見本市2015」(12/4(金))開催のご案内
◆ 入場無料・お申込不要 ◆
──────────────────────────────────

【講演会】13:10-14:10
「移植医療の革新 ~世界初”ハイブリッド肺移植”手術の現状と展望~」
岡山大学病院 臓器移植医療センター 教授 大藤 剛宏

オーストラリア留学を経て,諸外国では当たり前に受けられる肺移植だが,
臓器提供の少ない日本では助かるはずの命が助かっていない現状に直面し,
様々なアイデアをもって新しい移植手術に挑戦し続けています。
2013年には国内最年少患者(3歳)へ生体中葉移植を世界で初めて成功させ,
それまで国内では肺移植を受けることができないと思われていた小児患者に
とって生きる希望の光となりました。その後も国内最年少となる2歳児に
対し生体肺(下葉)を分割し両肺として移植する生体肺区域移植に世界で
初めて成功しました。また,今年に入っては,脳死肺と生体肺移植を同時に
組み合わせたハイブリッド肺移植に世界で初めて成功し,片肺しか斡旋さ
れない年齢の患者にも両肺移植ができる選択肢を示しました。この術式は
医学的に使用を断念されるようなダメージをうけた脳死肺を安全に移植し
得る方法としても高く評価されており,臓器提供の少ない日本において無
駄になる臓器を減らし,それにより新たな命を救うことに貢献しています。

◆日  時:平成27年12月4日(金)13:00~17:00

◆場  所:岡山大学創立五十周年記念館

◆開会挨拶:13:00-13:10

◆講  演:13:10-14:10
「移植医療の革新
~世界初”ハイブリッド肺移植”手術の現状と展望~」
岡山大学病院 臓器移植医療センター 教授 大藤 剛宏

◆研究展示:14:30~16:45
※この時間帯に説明員がブースに常駐し、質問に対応します。
創立五十周年記念館1Fおよび2Fに69ブースの展示を行います。

◆プレゼンテーション:14:30~16:00 (15分×6件)
1)「多彩な季節感を育む日本の気候環境とその変動」
大学院教育学研究科(自然教育) 教授 加藤内藏進
2)「在宅酸素療法におけるSPO2モニタリングシステムの構築」
大学院医歯薬学総合研究科(医) 講師 坂野 紀子
3)「岡山大学若手研究者キャリア支援プログラム」
若手研究者キャリア支援センター 准教授 町田 尚史
4)「岡山大学方式の人工網膜(OUReP)の医師主導治験」
大学院医歯薬学総合研究科(医) 准教授 松尾 俊彦
大学院自然科学研究科(工)   准教授 内田 哲也
三乗工業株式会社 代表取締役社長 眞田 達也
5)「簡便・迅速・高感度な品種判定検査の開発」
大学院環境生命科学研究科(農) 助教 門田 有希
6)「多能性幹細胞による安全な再生医療を可能とする
がん化抑制化合物の探索」
大学院自然科学研究科(工)   助教 工藤 孝幸

※詳しくはこちら

(株)英田エンジニアリングダイヤ工業(株)などの会員企業も出展していますので、
ぜひご参加ください!

2015年11月30日

ページのトップに戻る