ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 平成23年度ミクロものづくり岡山総会及びセミナーは終了しました

平成23年度ミクロものづくり岡山総会及びセミナーは終了しました

【終了】 - ありがとうございました。

ミクロものづくりおかやま推進協議会では、先進的なものづくりの取り組みに触れることで、ものづくりの高度化につなげていただくため「平成23年度ミクロものづくり岡山推進協議会総会及びセミナー」を開催します。
今回のセミナーは、ミクロものづくりが重点的に取り組んでいる育成分野から「ロボット」「航空機」「新エネルギー」の分野において、講師をお迎えしお話をうかがうこととしております。
地元企業の皆様をはじめ、ものづくりを支援されている大学、行政等の皆様のご参加をお待ちしています。

【概要】
日時:平成24年2月2日(木) 13:30~16:45
場所:岡山ロイヤルホテル2階行楽の間
(岡山市北区駅元町14-1)

【内容】
◆総会13:30~14:15
1 開会挨拶
2 議事
(1) 平成23年度の活動状況報告
(2) 平成24年度の活動方針
3 閉会挨拶

◆セミナー~ミクロものづくり岡山の今後の方向性を探る~ 14:30~16:45
1「ETロボコン中四国地区大会」の報告について 14:30~14:50
株式会社両備システムズソフトウェア事業部河内一弘氏

【紹介】
独自のプログラムを搭載した自立型ロボットの出来栄えを競う「ETロボコン」。昨年、初の中四国大会が開催され、15チームが参加する中で、その頂点に立った報告とその取り組みについて紹介いただく。

2 講演1「世界を目指す!航空機産業における競争を支える技術力」 14:50~15:20
株式会社キグチテクニクス代表取締役木口重樹氏

【紹介】
同社は、下請け体質からの脱却を目指し、航空機産業向けなどに金属部品、材料の評価ビジネスを展開。2009年には航空機用超耐熱合金の評価に必要な熱疲労試験の国際規格「ISO/IEC17025」を国内では唯一取得。2010年には航空機宇宙産業の国際特殊工程認証プログラム「Nadcap」(ナドキャップ)を取得。2011年4月にはウィングウィン岡山へ入会。航空機の部品や材料の評価において信頼性の高さで受注をのばしており、ものづくりに取り組む県内企業の国際競争力強化に資するよう、同社の取組をご講演いただく。

3 講演2「新しいエネルギー社会を創る東芝の取り組み」 15:20~16:45
~人と、地球の、明日のために~
株式会社東芝常任顧問田井一郎氏

【紹介】
1948年岡山県生まれ。1976年東京芝浦電気株式会社(現株式会社東芝)入社、経営戦略部次長、電力・産業システム技術開発センター長を経て2009年代表執行役副社長就任、2011年6月常任顧問、現在に至る。
東芝は世界トップレベルの複合電気メーカーとして技術、製品開発において新しい価値を創造し続けてきた。さらにエネルギーの分野においても二次電池、新照明システムなどの新しい製品やサービスを世に送り出すなど、技術革新を続けながら新しいエネルギー社会の構築にイノベーションを起こし続けている。
そうした新エネルギー分野におけるリーディングカンパニーとして、より豊かで快適な社会を持続させていくための未来のエネルギーへの取り組みや、今後の新しいエネルギー社会の展開などについて、ものづくり企業への新たな価値創造のためのメッセージとなるようご講演いただく。

【問合先】
岡山県産業労働部産業振興課技術振興班
〒700-8570 岡山市北区内山下二丁目4番6号
電話:086-226-7379
ファックス:086-224-2165

2012年01月30日

ページのトップに戻る