ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 「第19回型技術基礎講習会」開催のご案内

「第19回型技術基礎講習会」開催のご案内

このたび、(一社)型技術協会の主催により、標記講習会が開催されますので
お知らせします。

なお、お申込みは下記ホームページよりお願い申し上げます。
 「第19回型技術基礎講習会」開催のご案内
  http://www.jsdmt.jp/14kiso/19.html
  http://www.jsdmt.jp/14kiso/pdf/kiso19.pdf

 ============= 募 集 要 領 =============
     第19回型技術基礎講習会
 「もう一度基礎から学ぶ 切削・研削・放電加工編」

◆開催日時:2015年12月15日(火) 13:00~17:30

◆開催場所:芝浦工業大学 芝浦キャンパス
        〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14

◆主  催:(社)型技術協会

◆協  賛:(社)日本金型工業会

◆趣  旨:
 型技術の設計製作に携わる技術者の方々を対象とした基礎講習会を企画し
ました。入社1~2年程度の若手技術者や技術はわかっていても理論を理解
したい、もう一度基礎を固めたいといった中堅技術者の方々に適した構成と
なっております。
 この基礎講習会では、金型製作に不可欠な「切削加工」、「研削加工」、
「放電加工」の3つをメインテーマとして、基本的な原理や事例、基礎技術
の応用についてご紹介します。
 基礎技術と最新技術の関連性を学びながら、最新技術の特徴や導入のメリ
ットを考えていただける構成となっています。
 金型加工の基礎理論、基礎技術の理解を深め、金型加工の技術力を一段と
躍進させる好機として是非ともこの基礎講習会をご利用頂きたいと思います。
多くの方々のご参加をお待ちしております。
◆スケジュール:
 司会:芝浦工業大学  澤 武一 氏
 13:00~14:20 「-エンドミルを上手く使いこなすための-切削の基礎」
       オーエスジー(株) 今泉 英明 氏
【講義の概要】
  切削の基礎を包丁での切れ味などの身近な体験をもとに説明します。エン
 ドミル加工における切削速度、1刃当りの送り量の求め方と言った基礎知識
 をはじめ、切削条件と工具寿命および加工品位の関係、刃長(突き出し長さ)
 と切削性能、ねじれ角ならびに刃数の違いに見られる
  切削特性などエンドミル加工の基礎を、切削事例や身近な体験事例をもと
 に解説します。

 休 憩

 14:35~15:55 「知っておきたい研削加工の基礎知識」
        芝浦工業大学  澤 武一 氏
【講義の概要】
  研削加工は、砥石表面に不規則に点在する砥粒により除去加工を行うため
 制御性が低く、その良否は作業者の熟練度に依存します。研削加工を上手に
 行うためには、現場で培われてきた研削条件や心得などを単なる経験則とし
 て覚えるのではなく、実務に応用できる理論の裏付けが大切です。本講義で
 は、研削加工を行う上で知っておきたい
  基礎知識についてわかりやすく解説します。初級者にはもちろんのこと、
 中上級者の復習にも適する内容です。
 
 休 憩

 16:10~17:30 「基礎から学ぶ放電加工」
         三菱電機(株)  岩崎 健史 氏
【講義の概要】
  放電加工が高度化している状況においても、放電加工の基礎原理は普遍で
 す。加工現場で発生する問題への解決力や、未経験加工への対応力を養うに
 は、基礎を理解していることが重要です。本講義では、そうした応用力を身
 に付けるための基礎知識を分かり易く解説します。また、高度に自動化が進
 んでいる現場では、基礎が見過ごされる傾向があります。
  実務経験の長い中上級技術者の復習にも適した内容の講義です。

◆参 加 費:いずれもテキスト1冊を含む
 会 員  16,000円(会員の対象は主催・協賛団体会員です)
 一 般  26,000円
※個人会員A入会申込付き25,750円(ご希望の方は事務局までお問合わせ下さい)
 内訳:参加費16,000円+入会金3,000円+10月入会時月割年会費6,750円
※海外から送金の場合、銀行取引手数料4,000円が別途必要となります。

◆募集人数:30名

◆申込締切:12月7日(月)
※申込締切日後のキャンセルはできません。参加費をお支払いいただきます。

◆申込方法:ホームページよりオンライン申込ください(http://www.jsdmt.jp/
1)お申込の際は、代金の振込方法と振込日をご記入下さい。
      参加費は銀行または郵便振替にてご入金下さい。
2)参加決定者には参加券・請求書をお送りいたします。
      当日参加券と引換にテキストをお渡し致しますのでご持参下さい。

2015年10月09日

ページのトップに戻る