ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » ミクロものづくり大学 『ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術- 』のご案内

ミクロものづくり大学 『ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術- 』のご案内

この度、岡山県と中国ゴム技術研究会との共催により、標記講習会を開催することとなりましたので

ご案内いたします。

なお、お申し込みは、下記「申込方法」によりお願いいたします。

=================開  催  要  領====================

ミクロものづくり大学
『ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術- 』のご案内

 岡山県では、産学官による連携事業「ミクロものづくり岡山創成事業」の一環として、「ミクロもの

づくり大学」と銘打ち、講習会等を開催しております。この度、中国ゴム技術研究会との共催により、

標記講習会を開催することとなりましたのでご案内いたします。

 
 ゴム製品のものづくりに役立つ情報として、株式会社日立ハイテクノロジーズ様および株式会社

日立ハイテクサイエンス様より『ゴム・樹脂材料のSEM観察と前処理の基礎とAFM・リアルビュー

熱分析のご紹介』と題してご講演いただきます。皆様の多数のご参加お待ちしております。

                                                                           記

1 日 時 平成27年10月2日(金)  13:30 ~16:30

2 場 所 岡山県工業技術センター 1F 技術交流室(岡山市北区芳賀5301)

3 演 題
 『ゴム・樹脂材料のSEM観察と前処理の基礎とAFM・リアルビュー熱分析のご紹介』
  講演1&2  「SEMの原理と観察テクニック ~SEMで何ができるのか~」
            「SEM試料前処理の基礎 ~SEM観察のために何が必要か~」
                    株式会社日立ハイテクノロジーズ   設楽 宗史 氏
  概要 :基礎を中心に測定事例を踏まえた前処理や条件設定などのテクニック・応用方法の紹介
 
  講演3  「卓上電子顕微鏡 Miniscope®TM3030シリーズを用いた分析事例」
                      株式会社日立ハイテクノロジーズ    上村  健  氏
   概要 :Miniscope®による観察・分析事例をゴム・高分子を中心にご紹介いたします。

   講演4&5  「走査型プローブ顕微鏡による高分子材料観察例のご紹介
                     ~高分子結晶やゴムのモルフォロジーの観察を中心に~」
             「試料観察熱分析装置の原理と応用例のご紹介
                     ~熱物性と形態・色彩変化を関連づける~」
           株式会社日立ハイテクサイエンス  岩佐 真行 氏
  概要 :走査型プローブ顕微鏡応用例の紹介・熱分析装置の加熱変化と結果を関連づけた事例紹介

4  参加費 無 料

5  申込方法 9月28日(月)までに (1)セミナー開催日、(2)参加者氏名、(3)企業名、(4)所在地、

(5)ご役職、(6)電話/FAX番号をご明記の上、E-mailまたはFAXにより、下記までお申し込み下

さい。なお、期日前に締め切る場合がございます。予めご了承ください。

【講習会申し込み・問い合わせ先】
E-mail:masashi_urabe at pref.okayama.lg.jp  
                                  at  は@に変えてください。

担当:岡山県工業技術センター 研究開発部 浦部匡史

TEL:086-286-9600 FAX:086-286-9630
*****************************
やる気と技術にあふれた“ものづくり企業”を応援します!
《ミクロものづくり岡山ネットワーク加入企業 募集中》
*****************************
この講習会(ゴム技術講習会)は「ミクロものづくり岡山」創成事業の
一環として実施しています。
岡山県では、精密生産技術関連の高い技術を有する企業と、これをサポート
する県内の大学や金融機関、行政、産業支援機関等からなるネットワーク
(ミクロものづくりネットワーク)を構築しています。
このネットワークをさらに拡げて、岡山発の産業クラスターを形成し、
県内企業の競争力を強化するため、本ネットワークへの加入企業を募集し
ていますので、ぜひ加入をご検討ください。
詳しくは、こちら▼
http://www.micro-gr.jp/invitation.htm

2015年09月14日

ページのトップに戻る