ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 難削材加工技術セミナー開催のご案内

難削材加工技術セミナー開催のご案内

このたび、おかやま航空機材料等技術研究会の活動の一環として、
下記セミナーが開催されますので、ご案内いたします。
なお、お申し込みは、下記「申込方法」によりお願いいたします。

□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
難削材加工技術セミナー
    「やさしく解説 切削加工による加工変質層・残留応力」
        (おかやま航空機材料等技術研究会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□■
 切削加工など機械加工した素材の表面層には、母材とは異なる組織の
「加工変質層」や「残留応力」が生じることが知られています。これら
の、加工変質層・残留応力は、加工した部材の形状(薄肉部材で生じる
“そり”など)、寸法精度、経年変化、あるいは摩粍,疲労,腐食などに
影響し、製品寿命に深く関わることが指摘されています。
このため、加工変質層・残留応力の生成機構の理解は、高品位の切削加
工をおこなう上で重要であります。今回、東京農工大学の笹原先生をお
招きし、加工変質層・残留応力の生成機構、評価法、対処法を基礎から
分かりやすく解説いただきます。
 切削加工による加工変質層・残留応力について、最新の知識を獲得でき
る貴重な機会と思いますので,多くの方のご参加をお待ちしております.
◆ 日 時  平成26年12月18日(木) 13:30~15:30
◆ 会 場  岡山ロイヤルホテル 2F 光琳の間
           (岡山市北区絵図町2-4、TEL 086-255-1111)
◆ 内 容
 切削加工による加工変質層・残留応力について以下の項目で解説いた
だきます。
・加工変質層、残留応力とは
・機械加工による加工変質層、残留応力発生メカニズム
・機械加工条件と加工変質層、残留応力
・加工変質層、残留応力の影響
・加工変質層の評価、残留応力の測定
・加工変質層、残留応力を低減
・制御するには・関連分野の最近の話題
・質疑
講 師東京農工大学大学院 機械システム工学専攻 笹原弘之 教授
◆主  催     岡山県、(公財)岡山県産業振興財団
◆受講料   無 料  
◆定 員  30名
◆申込方法:必要事項を記入のうえFAXもしくはメール、または下記
      URLからお申込み下さい。
http://www.optic.or.jp/okayama-ssn/event_detail/index/727.html
       (申込み記載事項)
        企業名
        所属・氏名
        所在地
        連絡先(TEL、FAX、E-mail)
◆申込先  (公財)岡山県産業振興財団技術支援部
                                     担当:西田、藤木、杉本
  〒701-1221 岡山市北区芳賀5301 テクノサポート岡山内
  TEL 086-286-9651 FAX 086-286-9676
   E-mail:sangaku at optic.or.jp
        ※ at は @ にして下さい。
◆申込締切  平成26年12月11日(木)

2014年11月17日

ページのトップに戻る