ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 「塑性加工CAE技術の最前線」を開催します

「塑性加工CAE技術の最前線」を開催します

このたび、日本塑性加工学会 中国四国支部の主催により、平成26年度塑性加工連合講演会
 若手フォーラムが開催されますので、ご案内します。(直前のご案内となり、申し訳ありません。)
なお、お問合せは下記「問合せ先」までお願いいたします。

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇ 平成26年度塑性加工連合講演会 若手フォーラム(中国四国支部_新鋭部会主催)
◇ 「塑性加工CAE技術の最前線」開催のご案内
◇ □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
塑性加工の金型設計においてCAE の担う役割は益々大きくなっており、大規模かつ複雑形状の
計算、熱・成形連成解析などより高度な成形を高精度に実施することが求められています。
こうした要求に応えるべく、高精度な材料モデルの開発、材料パラメータの決定方法、ユーザー
フレンドリーなインターフェースの開発、材料データベースの構築などが進められ、その多くは
市販のソフトウェアで使用できる状態にあります。
ここでは、各種ソフトウェアメーカーから、自社の最新ソフトウェアの開発状況、およびその
最新事例など、塑性加工に携わる技術者がCAEをより効果的に活用できるような情報を提供
していただきます。

◇日 時  平成26年10月12日(日) 9:55~15:30
◇会 場  岡山大学津島キャンパス 一般教育棟3階B32室(第7会場)
      ※会場へのアクセスは連合講演会HPをご参照ください.
       http://www.jstp.jp/jp08/kouen.html
◇主 催  日本塑性加工学会 中国四国支部(実行:中国四国支部新鋭部会)
◇内 容
9:55~10:00  開会挨拶  中国四国支部新鋭部会リーダー  濱崎 洋 氏
10:00~10:40 「板成形解析ソフトウェアeta/DYNAFORM とマルチフィジックス解析ソフトウェアANSYS のご紹介」
         サイバネットシステム(株)  福原 貨人 氏
         eta/DYNAFORM によるプレス成形シミュレーションの最新事例紹介と,ANSYS
        による構造・伝熱・電磁場・流体・マルチスケールなど,マルチフィジックス
        ソリューションへの取り組みについて紹介します。
10:40~11:20 「工程設計におけるDEFORM の新しい活用方法のご紹介」
         (株)ヤマナカゴーキン  金 秀英 氏
         DEFORM の新しい機能,実験計画法を取り入れた新しい利用方法を提案する
        とともに,その活用事例を紹介します。
11:20~12:00 「メタルフォーミングプロセスシミュレーションシステム『Simufact.forming』のご紹介」
         (株)NTT データエンジニアリングシステムズ  廣川 啓 氏
         本セッションでは,ドイツに本拠を置くSimufact Engineering 社が開発・
        販売する, メタルフォーミングプロセスシミュレーションシステム「Simufact.forming」
        の概要を紹介します。また,Simufact Engineering 社のストラテジー「プロセスチェーン」
        について,Simufact.forming の計算事例とともに紹介します。
12:00~13:30  休憩
13:30~14:10 「ものつくり革新のための究極のCAE,End to End (E2E) ソリューション」
         日本イーエスアイ(株)  小川 孝行 氏
         プレス/溶接/鋳造といった工法単体での解析から,ものつくりを踏まえた
        製品設計までバーチャル空間で行う究極のCAEまでを紹介します。
14:10~14:50 「JSTAMPの高強度鋼板シミュレーション技術」
         (株)JSOL  杉友 宣彦 氏
         高強度鋼板の成形に活用されている,ホットスタンピング,サーボプレスの
        シミュレーション,金型見込み技術等について最新情報を提供します。
14:50~15:30  自由懇談会

◇定 員  100名程度  
◇参加費  無料  
◇参加登録 不要 ※当日会場にてご記名をお願いします。
◇問合せ先 広島大学大学院 工学研究院 材料・生産加工部門 濱崎 洋宛
      電話:082-424-7540, Fax:082-422-7193
      E-mail: hamahiro at hiroshima-u.ac.jp
           ※ at は @ にして下さい。

2014年10月07日

ページのトップに戻る