ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 【第2回・第3回】ゴム技術講習会

【第2回・第3回】ゴム技術講習会

岡山県工業技術センターでは、以下のとおり「ミクロものづくり大学」として
ゴム技術講習会を開催することととなりましたのでご案内します。
お申し込みは、下記【申込方法】により、担当者あてお送りくださるよう
お願いいたします。
また、今回は、第2回及び第3回をまとめてのご案内のため、お申し込みの際は、
必ず「開催日」を明記くださるようお願いいたします。

■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
◇ ミクロものづくり大学
◇ 「【第2回・第3回】ゴム技術講習会 -ゴム製品のものづくり技術- 」開催のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■
岡山県では、産学官が一体となって産業クラスターの形成に向けて取り組む
「ミクロものづくり岡山創成事業」の一環として、「ミクロものづくり大学」
と銘打ち、講習会等を開催しております。
このたび、中国ゴム技術研究会との共催により、ゴム技術講習会を開催する
こととなりましたのでご案内します。皆様方多数のご参加をお待ちしています。
【第2回:9月12日】
1 日 時  平成26年9月12日(金) 13:30 ~16:30
2 場 所  工業技術センター1階 技術交流室(岡山市北区芳賀5301)
3 講 演  『インターナルミキサーで同じコンパウンドを作れるのか』
 講師:株式会社久留米リサーチ・パーク
          久留米工業高等専門学校 名誉教授
          日本ゴム協会ゴム練り研究分科会主査  藤 道治 氏
       概要:インターナルミキサー(密閉型混練機)内の混練り挙動は
         オープンロールのように外部から見えない。このため、生産
         機では混練り時の電力・温度―時間曲線をもとに混練り状態
         を予測しながらコンパウンドを製造している。
          インターナルミキサーでははたして同じコンパウンドが作
         られているのであろうか。ラボ機から生産機へのスケールア
         ップなどをもとに述べる。
          また、インターナルミキサーにおける最適混練条件の決め
         方などを紹介する。
4 参加費  無 料
5 申込方法
   9月5日(金)までに(1)開催日、(2)参加者氏名、(3)企業名、(4)所在地、
  (5)ご役職、(6)連絡先電話/FAX番号をご明記の上、E-mailまたはFAXにより
  下記までお申し込みください。
   なお、席には限りがございますので、予定数に達し次第、締め切る場合が
  ございます。予めご了承ください。

【第3回:9月29日】
1 日 時  平成26年9月29日(月) 13:30 ~16:30
2 場 所  テクノサポート岡山1階 大会議室(岡山市北区芳賀5301)
3 講 演  『促進耐候(光)性試験と腐食促進試験について』
 講師:スガ試験機株式会社  大塚 健太 氏
         概要 ・各試験機の簡単な構造と活用事例
          ・促進耐候(光)性試験結果の評価方法
          ・屋外暴露試験結果との相関の一例
4 参加費  無 料
5 申込方法
   9月19日(金)までに(1)開催日、(2)参加者氏名、(3)企業名、(4)所在地、
  (5)ご役職、(6)連絡先電話/FAX番号をご明記の上、E-mailまたはFAXにより
  下記までお申し込みください。
   なお、席には限りがございますので、予定数に達し次第、締め切る場合がご
  ざいます。予めご了承ください。

【お申し込み・お問い合わせ先】
   E-mail:masashi_urabe at pref.okayama.lg.jp
        ※ at は @ にして下さい。
   FAX:086-286-9630 (TEL:086-286-9600)
   担当:岡山県工業技術センター 研究開発部 浦部 匡史

2014年08月06日

ページのトップに戻る