ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » 「第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」 【終了】

「第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会」 【終了】

【終了】 - ありがとうございました。

開催要項

1 目 的 岡山県内の大学および岡山リサーチパークに関係する企業・機関の研究成果を発表する
場とすると共に、その成果を県内に広めるための交流の場を設け、岡山県内産業の振興
に寄与することを目的とする。
2 名 称 第17回岡山リサーチパーク研究・展示発表会
3 開催日 平成24年9月10日(月) 10:00~18:30
4 会 場 テクノサポート岡山(岡山市北区芳賀5301)
5 実施機関 主 催:岡山リサーチパーク研究・展示発表会実行委員会
構 成:岡山理科大学、岡山リサーチパークインキュベーションセンター、岡山県工業技術センター、岡山大学、
岡山県立大学、倉敷芸術科学大学、中国職業能力開発大学校、津山工業高等
専門学校、吉備国際大学、岡山県、( 公財) 岡山県産業振興財団
6 研究展示対象分野等
(1)対象分野
①精密加工・機械・材料 ②情報通信・エレクトロニクス ③健康・医用・福祉
④バイオ・食品 ⑤環境・化学 ⑥デザイン・MOT・知的財産等
(2)テーマの公募
展示発表テーマは、別途募集案内により県内の企業・研究機関等から募る。
(3)表彰
産学官連携推進賞とベストプレゼンテーション賞を設け、表彰規程により表彰する。
7 スケジュール
■10:00~10:15 オープニング 会場:大会議室
■10:25~14:00 展示発表セッション 会場:玄関ホールおよび中央通路
1テーマ1.8m以内のスペースでパネル・実物等を展示し、展示物の前で発表者が説明する。3分
野並列進行で1テーマ8分(発表数により変更することがある)を限度に説明を行い、順次隣のテーマ
に巡回して行う。
この巡回発表とは別に、発表者と参加者の個別対応は随時行うこととし、そのために発表者または
共同研究者の内、少なくとも1人は展示場所に待機することとする。
展示発表テーマ数は、60テーマ程度
■14:15~15:00 産学官成功事例発表 会場:大会議室
産学官の連携により大きな成果を上げた研究事例発表を行う。
発表① 発表者: 岡山大学 押谷 潤 准教授(廃棄物リサイクルについて)
発表② 発表者: 企業発表(詳細未定)
発表③ 発表者: 倉敷芸術科学大学 岡田 賢治 教授(詳細未定)
■15:15~16:45 特別講演会 会場:大会議室
講師: 大阪大学 産業科学研究所 教授 菅沼 克昭 氏
演題:「印刷力による新たなデバイス、新たな産業そして新たな生活様式の創出を!」
-川上(原料)から川下(最終製品)まで丸ごと岡山製の可能性-
概要: 岡山および日本におけるプリンテッドエレクトロニクス産業の可能性と将来像
■16:45~16:55 表彰式 会場:大会議室
産学官連携推進賞、ベストプレゼンテーション賞を表彰する。
■17:00~18:30 交流会 会場:レストラン花水木 参加費:3,000円
8 参加費 無 料 ※但し交流会は参加費3,000円必要。

2012年08月31日

ページのトップに戻る