ミクロものづくり岡山

HOME » お知らせ・トピックス » ミクロものづくり大学『「振動技術セミナー」-振動の基礎からモード解析まで-』のご案内【終了】

ミクロものづくり大学『「振動技術セミナー」-振動の基礎からモード解析まで-』のご案内【終了】

【終了】 - ありがとうございました。

岡山県工業技術センターでは、以下のとおり「ミクロものづくり大学」として
講習会を開催することととなりましたのでご案内します。

今回は、下記のとおり「振動技術セミナー」-振動の基礎からモード解析まで-
を開催いたします。
製品の小型軽量化を進めるにつれ、製品は振動し易くなっております。
また、製品開発サイクルも短期化していることから、適切な振動対策を取ると共に、
振動特性を考慮した製品設計を行うことが重要となります。
そこで、振動技術がご専門の先生をお招きし、振動現象の基礎から、振動低減
対策までを分かり易くご紹介いただきます。
多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

◇日 時  平成26年1月31日(金)13:00~17:00

◇会 場  岡山県工業技術センター 1F 技術交流室

◇共 催  岡山大学産学官融合センター(第31回岡山振動音響技術懇談会として開催)

◇開催次第
1 講演「振動の力学」 13:00~16:30(休憩 15分)

講師 東京工業大学 名誉教授
キャテック株式会社 取締役社長  長松 昭男 先生

機械の不具合や故障の過半数には、振動が何らかの形でからんでいる。
設計開発の上流で実働時の問題を予測し、また試作検証で生じる性能未達や
トラブルを適切に対策するために最も重要なことは、振動という物理現象の
からくりを正しく理解しておくことである。そこで本講演では、以下の事項
を、全くの初心者が容易に理解できるように、きわめてわかりやすく説明する。
振動はどうして発生するか、なぜ固有振動数・固有モードという決まった形
・速さで自由振動するか、減衰は振動にどういう影響を与えるか、共振とは
何か、共振点で位相が180°変化する理由、周波数応答関数とは何か、なぜ
モード解析が重要か、振動を減少させるための対策方法、など。

講師略歴
1939年山口県生まれ。1964年 株式会社 神戸製鋼所入社、1970年東京工業
大学大学院理工学研究科博士課程修了、工学博士。東京工業大学工学部助手。
1984年東京工業大学工学部教授。2000年東京工業大学名誉教授。法政大学工
学部教授。1990年キャテック株式会社設立。2010年法政大学退任。

主な著書
「モード解析入門」(コロナ社)、「複合領域シミュレーションのための
電気・機械系の力学」(コロナ社)

2 質疑応答および懇談 16:30~17:00

◇参加費  無料

◇定 員  40名程度

◇申し込み期限  平成26年1月27日(月)

◇申込方法
件名を「ミクロものづくり大学(振動)申込み」とし、
企業等名、参加者の役職及びお名前、所在地、連絡先電話番号を御記入の上、
期限までに下記メールアドレスへお送りください。
なお、席数に限りがあるため、先着順にて受け付け、定員に達し次第、
締め切りますので、あらかじめご了承ください。

◇お問い合わせ先
岡山県工業技術センター 研究開発部
計測制御グループ  辻 善夫
〒701-1296 岡山市北区芳賀5301
tel.086-286-9600(代) fax.086-286-9630
e-mail: yoshio_tsuji at pref.okayama.lg.jp ※atは、@にしてください。

2013年12月19日

ページのトップに戻る