ミクロものづくり岡山

HOME » ミクロものづくり岡山メールニュース » 「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第28号

「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第28号

「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第28号(2007.04.11)
http://www.optic.or.jp/micro/
────目次─────
◆『ハノーバー・メッセ2007』への出展・視察訪問団の派遣を行います!

◆ミクロものづくり企業紹介の英文ホームページができました。

◆ミクロものづくり岡山ネットワーク参加企業・団体等の表彰について

◆「MOT入門講座」の受講生を募集しています。

◆「弁理士による発明相談会」を実施しています。

——————————————
【前号からの継続掲載情報】
◆解析支援ネットOKAYAMA 第2回セミナー

◆工業技術センターの組織が変わりました。

◆研究開発に対する助成制度の公募状況

────────────────────────────
◆『ハノーバー・メッセ2007』への出展・視察訪問団の派遣を行います!

岡山県・(財)岡山県産業振興財団は、「ミクロものづくり岡山」のブランド
化を図るとともに、会員企業の海外への販路開拓を支援するため、世界最大
規模の『ハノーバー・メッセ2007』に「ミクロものづくり岡山」の共同
ブースを出展します。
併せて、石井正弘岡山県知事を団長とする視察訪問団を派遣し、情報発信を
より効果的に行うとともに、ヨーロッパでの先進的な取組事例等を実地に調
査します。

■「ハノーバー・メッセ2007」への出展
会  期 :平成19年4月16日(月)~平成19年4月20日(金)
開催場所:ハノーバー国際見本市会場(ドイツ)
出展企業:下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/micro/info/Brand/2007hannover_exhibitor.html
■視察訪問団の派遣
派遣期間:平成19年4月14日(土)~平成19年4月21日(土)
派 遣 者:「ミクロものづくり岡山推進協議会」の構成メンバー
詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/micro/info/Brand/2007hannover_delegation.html
視 察 先:ハノーバー・メッセ会場、連邦参議院(ドイツ:ベルリン)、
ナノテク・クラスター(ドイツ:ドレスデン)、ネッドカー
(オランダ)、ジェトロ・アムステルダム事務所   他

────────────────────────────
◆ミクロものづくり企業紹介の英文ホームページができました。

「ミクロものづくり岡山」のブランド化、会員企業の海外への販路開拓支援
のため、会員企業紹介の英文ホームページを作成しましたのでお知らせしま
す。
「ミクロものづくり岡山」のトップページ(http://www.optic.or.jp/micro/)
から、【Micro Manufacturing Okayama English】のバナーをクリックして
ください。

※Internet Explorer 6.0以降での適正表示を確認しておりますが、非IE系
のウェブブラウザ(Firefoxなど)では一部適正に表示されませんので、
ご了承ください。

────────────────────────────
◆ミクロものづくり岡山ネットワーク参加企業・団体等の表彰等について

ミクロものづくり岡山ネットワークに参加いただいている企業、支援機関の
皆さまが下記表彰等を受けられましたので、ご紹介します。

■ドリームゲートグランプリ2007
最優秀起業家賞受賞:中崎義晃氏((株)ナノ・キューブ・ジャパン)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.dreamgate.gr.jp/feature/eventreport/summit/gp/index.html
■JANBO Awards 2006
ビジネス・インキュベーション大賞:
●JANBO新事業創出機関賞:岡山リサーチパークインキュベーション
センター(ORIC)
●JANBO新事業創出支援賞:松尾 彰氏(ORIC)
横田尚之氏((財)岡山県産業振興財団)
窪田真一郎氏(岡山県工業技術センター)
●JANBO新事業創出賞 :山下修蔵氏((株)日本ステントテクノロジー)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.janbo.gr.jp/awards/awards2006/2006release/01.html
■平成19年度知財功労賞
産業財産権制度活用優良企業等(特許庁長官表彰):
(株)林原生物化学研究所
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/puresu/press_19_tizai_kourou.htm

────────────────────────────
◆「MOT入門講座」の受講生を募集しています。

岡山・産学官連携推進会議では、中国職業能力開発大学校をはじめとする各
機関のご協力により、中小企業が伸びていくための職員の専門能力とそれを
生かせる資質を身につけていただくためのMOTの手法を踏まえた先進的な
講座を開講します。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/renkei/kaigi/sangak_index.html

■開催日程
平成19年5月~7月(各月2回、土曜日)
各回9:15~12:00(初回は9:00開始)
※日程詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/renkei/kaigi/motchirashi1.jpg
■会場
中国職業能力開発大学校(倉敷市玉島長尾1242-1)
http://www.ehdo.go.jp/okayama/pco/
■参加費
無料
■参加資格
岡山県内の企業に勤務している方で、原則としてすべての日程を通して受
講いただける方
■受講申込
下記のいずれかの方法により、4月27日(金)までにお申し込みください。
ただし、定員(20人)になり次第締め切ります。
(1) FAXによるお申込み
下記URLからプリントアウトした参加申込書に必要事項をご記入の上、
下記申込先FAX番号へ送信してください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/renkei/kaigi/motchirashi1.jpg
(2) E-mailによるお申込み
 上記参加申込書上の必要事項をご記入いただいた電子メールを下記申
込先メールアドレスあてにお申し込みください。

【お問い合わせ・お申込先】
岡山・産学官連携推進会議事務局
  (岡山県産業労働部産業振興課産業支援班)
   E-mail: sangyo at pref.okayama.lg.jp
  TEL: 086-226-7352  FAX: 086-224-2165

────────────────────────────
◆「弁理士による発明相談会」を実施しています。

(社)発明協会岡山県支部では、特許庁の出願適正化等指導事業により、特許
などの知的財産の専門家である弁理士による無料相談会を下記により開催し
ています。
新製品・新技術の開発をお考えの方をはじめとする皆さま方のご参加をお待
ちしております。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/hatsumei/H19hatumeisoudan.htm

■会場・開催日
●岡山会場:(社)発明協会岡山県支部(岡山市芳賀5301)
http://www.optic.or.jp/hatsumei/
毎週水曜日開催(受付時間:10:00~15:00)
●倉敷会場:(社)山陽技術振興会(倉敷市美和1-13-33)
http://www.optic.or.jp/sangisin/
隔月第3金曜日開催(受付時間:10:00~15:00)
●津山会場:津山圏域雇用労働センター(津山市山下92-1)
http://www.tvt.ne.jp/~koyou/
隔月第3金曜日開催(受付時間:13:00~15:00)
■対応弁理士
下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/hatsumei/H19hatumeisoudan.htm
■相談に当たって
◇相談時間は最長30分でお願いします。
◇開催日、担当弁理士を変更することがございます。予め電話等で確認さ
れることをおすすめします。
◇簡単な図面または試作品をご準備されるとスムーズにご相談いただけま
す。
◇お電話等にての事前予約できます。

【お問い合わせ先】
  (社)発明協会岡山県支部(担当:川崎)
  E-mail:hkinfo at optic.or.jp
  TEL 086-286-9656  FAX 086-286-9678

────────────────────────────
【前号からの継続掲載情報】
◆解析支援ネットOKAYAMA 第2回セミナー

数値解析技術の有用性と解析支援ネットOKAYAMAの会員が保有する技術シー
ズを、多くの方々に知っていただき、地域企業の生産活動に役立てていただ
くため、第2回セミナーを開催します。
今回のセミナーは、岡山大学に所属する会員8名の講演と企業展示の他に、
研究室見学では、歯車などの性能評価、マイクロバブルの生成と可視化、塑
性加工状態の解析と評価、磁界解析を利用した最適設計手法などの最先端の
技術を見ていただくことができます。
数値解析手法を既に導入されている方だけでなく、今後の導入を考えている
方、数値解析の一般的な知識を理解しておきたい方など、数値解析技術に関
心がある方々に幅広く役立つと思いますので、是非、ご参加くださいますよ
うご案内申し上げます。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
   http://www.optic.or.jp/kaiseki-shien-net/

■開催日時:平成19年4月16日(月)
セミナー:13:00~17:00
懇親会 :17:15~19:00
■会  場:セミナー:岡山大学大学院自然科学研究科棟 2階 大講義室
(岡山市津島中3-1-1)
懇親会 :岡山大学生協4階 ピーチユニオン
■内  容:
[セミナー講演] 13:10~15:50
「磁界解析と磁気測定を援用した電磁装置の最適設計」
岡山大学大学院自然科学研究科  高橋 則雄
「分子軌道計算に基づく酵素の精密分子設計(+実験による検証)」
岡山大学大学院自然科学研究科 田村 隆
「塑性加工解析における摩擦の考え方」
岡山大学大学院自然科学研究科  清水 一郎
「トライボ表面における解析の紹介」
岡山大学大学院自然科学研究科  藤井 正浩
「粉末焼結および粉末鍛造歯車の疲れ強さと接触応力解析」
岡山大学大学院自然科学研究科  關 正憲
「画像処理を用いた生産工程の自動化」
岡山大学大学院自然科学研究科  宗澤 良臣
「医療分野における流体シミュレーション適用例の紹介」
岡山大学大学院自然科学研究科  百武 徹
「振動ポアズイユ流の遷移過程」
岡山大学大学院自然科学研究科  柳瀬 眞一郎
「FEM による高性能複合超電導線の線材設計」
岡山大学大学院自然科学研究科  村瀬 暁
[研究室見学] 16:00~17:00
歯車などの性能評価技術、マイクロバブルの生成と可視化技術、
塑性加工状態の解析と評価、磁界解析を利用した最適設計手法 など
[企業展示]  13:00~17:00
日鐵プラント設計(株)
非線形構造解析ソフトウェア(MARC)のデモ
(株)島津製作所
解析・評価システムの紹介
(株)シーディー・アダプコ・ジャパン
熱流体ソフトウェア(STAR-CD)のデモ
■参加費:セミナー無料、懇親会 3,000円
■参加申込
 下記のいずれかの方法により、お申し込みください。
セミナーについては当日直接参加いただくことも可能ですが、準備等の
都合もございますので、事前申込にご協力くださいますようお願いいたし
ます。
(1) FAXによるお申込み
下記URLからプリントアウトした参加申込書に必要事項をご記入の上、
下記申込先FAX番号へ送信してください。
http://www.optic.or.jp/kaiseki-shien-net/
(2) E-mailによるお申込み
 必要事項をご記入いただいた電子メール(以下のフォーマットをご利
用ください)を下記申込先メールアドレスあてにお申し込みください。
 なお、電子メールの件名を「解析支援ネットOKAYAMA第2回セミナー
参加申込」としてください。
——————————————
     所属機関  :
     氏 名   :
     連絡先(TEL):
     e-mail   :
     懇親会   :参 加  不参加  (いずれかを消してください)
——————————————
※記載いただいた事項は、本セミナーの連絡及び解析支援ネットOKAYAMA
の事業の案内に限定して使用させていただきます。

【お問い合わせ・お申込先】
岡山大学 大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻
    機械生産開発学講座(工学部 機械工学科)
   藤 井 正 浩
   E-mail: fujii at mech.okayama-u.ac.jp
  TEL: 086-251-8035  FAX: 086-251-8266

────────────────────────────
◆工業技術センターの組織が変わりました。

岡山県工業技術センターでは、平成19年度から、今後の産業や技術の動向
に対応するため、複合化に対応できる柔軟でスリムな体制を骨子とした新た
な組織に変更いたしました。(併せて、各直通電話番号も下記のとおり変更
になりました。)
今後とも、ご利用いただきますようお願い申し上げます。
[TEL]
○総務課  (代表) 086-286-9600
○研究企画室   086-286-9601
○化学系技術部
・部長 086-286-9602
・有機材料グループ 086-286-9611
・繊維・新素材グループ 086-286-9612
・食品技術グループ 086-286-9613
○機械系技術部
・部長 086-286-9603
・金属材料グループ 086-286-9621
・加工・計測グループ 086-286-9622
・応用電子グループ 086-286-9623
○産学官連携推進担当 086-286-9604
○ミクロものづくりセンター 086-286-9608
○ミクロものづくり推進担当 086-286-9609
○備前陶芸センター 0869-64-2453

────────────────────────────
◆研究開発に対する助成制度の公募状況

■中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち実用化研究開発事業【補助金】
 新事業展開等を図るために新技術、新製品に関する実用化研究開発を行
う中小企業を支援します。
○募集期間:平成19年3月28日(水)~平成19年4月27日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/koubo/jisedai/h1902startup.htm

■地域新生コンソーシアム研究開発事業【委託費】
 地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、
地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)を
組むことにより実施する、実用化に向けた高度な研究開発を支援します。
○募集期間:平成19年4月5日(木)~平成19年4月25日(水)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/data/c70111aj.html

■地域新規産業創造技術開発費補助事業【補助金】
 地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、
中堅・中小企業による新分野進出やベンチャー企業による新規創業といっ
た、リスクの高い実用化技術開発を支援します。
○募集期間:平成19年4月5日(木)~平成19年4月27日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/data/c70111aj.html

■地域資源活用型研究開発事業【委託費】
 地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、
地域における産学官の強固な共同研究体を組織して行う、地域に存在する
資源(地域資源)を活用した、新製品の開発を目指す実用化技術の研究開
発を支援します。
○募集期間:平成19年4月5日(木)~平成19年4月25日(水)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/information/data/c70111aj.html

【上記4事業のお問い合わせ先】
 中国経済産業局地域経済部次世代産業課
  TEL 082-224-5680  FAX 082-224-5645

■戦略的基盤技術高度化支援事業【委託費】
 我が国製造業の国際競争力の強化と新たな事業の創出を目指し、中小企
業のものづくり基盤技術の高度化に資する革新的かつハイリスクな研究開
発等を促進することを目的としています。
○募集期間:平成19年4月23日~平成19年5月15日
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/070213senryaku_koubo_yokoku.htm

【お問い合わせ先】
 中国経済産業局地域経済部地域経済課
  TEL 082-224-5684  FAX 082-224-5765

■産学共同シーズイノベーション化事業『顕在化ステージ』【委託費】
 大学等の基礎研究に潜在するシーズ候補を、研究報告会等を通じて産業
界の視点で見出し、顕在化させようとするシーズ候補に関して企業に所属
する実施責任者を中心とした産学共同研究により、シーズ候補の顕在化の
可能性を検証するためのフィージビリティスタディを支援します。
○募集期間:平成19年2月5日(月)~ 平成19年8月6日(月)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/innovate/innov/index.html

【お問い合わせ先】
 (独)科学技術振興機構 産学連携事業本部 技術展開部
 イノベーション創出課
E-mail:innovate at jst.go.jp
TEL 03-5214-7995  FAX:03-5214-8496

■独創的シーズ展開事業『委託開発』【委託費】
 大学や公的研究機関等の研究成果で、特に開発リスクの高いものについ
て企業に開発費を支出して開発を委託し、実用化を図っています。
○募集期間:
(第1回)平成19年3月5日(月)~平成19年5月8日(火)
(第2回)平成19年5月9日(水)~平成19年7月31日(火)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/itaku/

【お問い合わせ先】
 (独)科学技術振興機構 産学連携事業本部 開発部
 開発計画課
E-mail:project at jst.go.jp
TEL 03-5214-8994  FAX:03-5214-8999

■独創的シーズ展開事業『革新的ベンチャー活用開発』【委託費】
 研究開発型ベンチャー企業(設立登記後10年以内かつ資本金10億円
以下の非上場企業)が行う大学等の研究開発成果の実用化を支援します。
○募集期間:平成19年3月5日(月)~平成19年6月1日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/kaku-ven/

【お問い合わせ先】
 (独)科学技術振興機構 産学連携事業本部 開発部
   開発計画課 革新ベンチャー担当
E-mail:kaku-ven at jst.go.jp
TEL 03-5214-8994  FAX:03-5214-8999

=================================================================
■ご意見・ご感想及び配信の申込み・中止、配信先の変更等はこちらへ。
 mailto:kenji_kashima at pref.okayama.lg.jp

■このメールマガジンの文字が小さい等見にくい場合は、ご使用のパソコンで
文字を拡大する等、設定を変更してご覧ください。

■このメールマガジンのバックナンバーは、下記URLからご覧いただけます。
http://www.optic.or.jp/micro/
「活動概要」の「メールマガジン」のページをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-★ミクロものづくり岡山メールマガジン★-
〒701-1296
岡山市芳賀5301
 岡山県工業技術センター ミクロものづくり推進担当(加島)
TEL.086-286-9609 FAX.086-286-9631
mailto:micro at okakogi.go.jp
kenji_kashima at pref.okayama.lg.jp
http://www.optic.or.jp/micro/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年04月11日

ページのトップに戻る