ミクロものづくり岡山

HOME » ミクロものづくり岡山メールニュース » 「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第30号

「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第30号

「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第30号(2007.06.01)
■□■□■晴れの国、技の国おかやま■□■□■
http://www.optic.or.jp/micro/
────目次─────
◆ミクロものづくりの研究成果をご報告します。
~「平成19年度岡山県工業技術センター研究発表会」参加者募集中!~

◆第1回MOT手法研修会-利益確保のための損益計算の理解-のご案内

◆岡山大学振動リカレント教育「振動基礎理論と製品への適用」のご案内

◆材料加工分野における有限要素法に関する講演のご案内

◆創業に必要な基礎知識などを動画を用いて解説します。

◆全国一斉無料特許相談会を今年も開催します!

◆「元気なモノ作り中小企業300社2007年版」の公表について

——————————————
【前号からの継続掲載情報】
◆「ミクロものづくり岡山工業団地準備会」入会希望企業募集中!

◆産学官連携・X線CT・DNAチップの最新情報をご提供します!

◆各種助成制度の公募状況(更新)

────────────────────────────
◆ミクロものづくりの研究成果をご報告します。
~「平成19年度岡山県工業技術センター研究発表会」参加者募集中!~
(岡山県工業技術センター)

工業技術センターでは、平成18年度に実施した研究開発事業の成果を広く
知っていただくために、ミクロものづくり研究開発事業をはじめとする研究
成果の発表会を下記により開催します。
ご多忙とは思いますが是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.okakogi.go.jp/Official/event/H19/H18center.html

■開催日時:平成19年6月15日(木) 13:00~16:30
■開催場所:テクノサポート岡山 大・中会議室(岡山市芳賀5301)
■内  容:
※詳しくは、http://www.okakogi.go.jp/Official/event/H19/program0615.pdf
をご覧ください。
  (1) 口頭発表(10テーマ。中会議室) 13:00~16:00
   ・ミクロものづくり研究開発事業成果発表(9テーマ)
・「抗酸化性を有する機能性食品開発に関する研究」
  (2) ポスターセッション(大会議室) 13:00~16:30
   ・発表件数  29テーマ
   ・説明用パネルと成果品を展示して面談形式で説明
■参加費:無 料
■参加申込方法:
(1) ホームページからのお申込み
下記URLからお申し込みください。
http://www.okakogi.go.jp/Official/event/H19/H18center.html
→「申込フォーム」をクリックしてください。
(2) E-mail、FAXによるお申込み
所属(企業等)名、参加者の役職及びお名前、連絡先電話番号・FAX、
を御明記の上、下記あてお送りください。

【お問い合わせ・お申込先】
   岡山県工業技術センター 研究企画室(担当:産本、吉松)
E-mail:kikaku at okakogi.go.jp
  TEL 086-286-9600  FAX 086-286-9631

────────────────────────────
◆第1回MOT手法研修会-利益確保のための損益計算の理解-のご案内
(岡山大学産学官融合センター)

技術者にとって、経理や簿記は身近なものではないように思われるかもしれ
ません。しかし、企業が利益を上げるためには,「原価の知識」は必要不可
欠なものです。
岡山大学産学官融合センターでは、簿記の基礎やコストダウンが最終利益に
もたらす効果など、利益確保のための損益計算について演習も交えてお話し
する中で,貴社の生産活動から今以上の利益創出を可能にする手法をご理解
いただければと考えております。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.okayama-u.ac.jp/user/crc/home/act07/mot_syuho01.html

■日時:平成19年6月14日(木)10:00~16:30
 ■会場:岡山大学50周年記念館 2階 中会議室
    アクセス方法↓
http://www.okayama-u.ac.jp/50kinenkan/50kinenkan02.html
■講師:岡山大学産学官融合センター 客員教授 加藤珪一氏
■ご用意いただくもの:筆記用具、電卓またはパソコン
 ■参加費:無料

【お問い合わせ・お申込先】
  岡山大学産学官融合センター 事務室
  E-mail:center at crc.okayama-u.ac.jp
   Tel 086-251-8460  Fax 086-251-8467

────────────────────────────
◆岡山大学振動リカレント教育「振動基礎理論と製品への適用」のご案内
(岡山大学産学官融合センター)

最近のあらゆる機器の高性能化に対応するために,機器の設計者や保全管理
者は常に「振動問題」に直面し,高度な対応を要求されています。そこで,
振動の基本的事項を学んでいただき,これらを実際の製品の振動問題にどの
ように適用するかについて理解していただくことを目的として開講いたしま
す。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.okayama-u.ac.jp/user/crc/home/act07/shindo-re1.html

 ■日時:平成19年6月27日(水)10:30~17:00
 ■会場:岡山大学50周年記念館 2階 中会議室
     アクセス方法↓
http://www.okayama-u.ac.jp/50kinenkan/50kinenkan02.html
■講師:岡山大学産学官融合センター 客員教授 古池治孝氏
 ■受講料:無料
 ■定員:30名(定員になり次第締め切ります)

【お問い合わせ・お申込先】
  岡山大学産学官融合センター 事務室
  E-mail:center at crc.okayama-u.ac.jp
   Tel 086-251-8460  Fax 086-251-8467

────────────────────────────
◆材料加工分野における有限要素法に関する講演のご案内
(日本材料学会中国支部)

材料加工解析において有限要素法は極めて広く用いられており,既に不可欠
なツールとなっています。しかしながら、有限要素法は未だ万能ではなく、
現在も精度や機能の向上を目指して多くの研究が続けられているのが現状で
す。その一方で、市販有限要素解析ソフトウェアの普及によるブラックボッ
クス化も進んでおり、解析結果が正しく理解されないまま使用される危険性
も認識されつつあります。
そこで本講演会では、材料加工分野における有限要素法の著名な研究者であ
るとともに、ヨーロッパで多くのプロジェクトに貢献した実績を有しておら
れる講師をお招きして、有限要素法の精度や信頼性に関する現状と,塑性加
工および切削加工への実際の適用事例を、基礎からわかりやすく紹介して頂
きます。英語の講演ではありますが、有限要素法に関する国際的な情報を得
られる貴重な機会ですので、是非ともご参加くださいますようお願い申し上
げます。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.okakogi.go.jp/Official/zairyou7.20.pdf

■日時:平成19年7月20 日(金) 15:00~16:30
■場所:岡山大学創立50周年記念館 大会議室(岡山市津島中1-1-1)
     アクセス方法↓
http://www.okayama-u.ac.jp/50kinenkan/50kinenkan02.html
■主催:日本材料学会中国支部
■後援:岡山県工業技術センター
日本機械学会中国四国支部MD&T研究会
■演題:
Finite Elements in Mechanical Processing of Materials
Part I – Accuracy and reliability
Part II – Process simulation using the flow formulation (metal
forming & metal cutting)
■講師:
Professor Paulo Antonio Firme Martins パウロ・マーチン教授
Habilitation (Manufacturing) 工学博士
(イギリス機械学会 2005年Strickland Prize受賞)
Instituto Superior Tecnico, Portugal リズボン工科大学・ポルトガル

【お問い合わせ・お申込先】
岡山大学大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 清水 一郎 准教授
E-mail: shimizu at mech.okayama-u.ac.jp
   Tel 086-251-8033  Fax 086-251-8266

────────────────────────────
◆創業に必要な基礎知識などを動画を用いて解説します。
(岡山県)

岡山県では、より多くの人に創業を身近なことと感じていただき、また、創
業を志す人に成功への「道しるべ」として活用していただくために、創業に
必要な基礎知識など動画を用いて分かりやすく解説したベンチャー支援のポー
タルサイト「ももっち創業スピリッツ!」を本日開設いたしました。
ご活用の程、よろしくお願いいたします。

■サイトの構成
(1)基礎知識編
 事業計画書、起業形態、許認可や届出、経理、税金等の基礎的知識を
ナビゲーターがわかりやすく説明します。
(2)インタビュー編
   ・県内若手創業者
   ・アドバイザー
(3)創業支援事業の紹介コーナー
(4)その他
    書式サンプル、相談メール受付、リンク集etc
■URL
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/shinsansui/spirits/index.html

【お問い合わせ先】
岡山県産業労働部新産業推進課ベンチャー育成班
E-mail: shinsansui at pref.okayama.lg.jp
Tel:086-226-7381  Fax:086-225-3449

────────────────────────────
◆全国一斉無料特許相談会を今年も開催します!
(日本弁理士会)

日本弁理士会では、7月1日の弁理士の日を記念して、全国各地で一斉無料特
許相談会を開催します。
特許・実用新案・意匠・商標の出願に関する事柄のほか、訴訟、調査、外国で
の特許取得などの関する事柄について、弁理士が無料で相談に応じますので、
お気軽にご相談ください。

■開催日時
平成19年6月30日(土) 10:00~16:00
■岡山地区会場
岡山商工会議所 会議室405号室
(岡山市厚生町3-1-15)
■参加費
無料
■申込み方法
会場に直接ご来場ください。お申し込みの必要はありません。
※その他、下記URLをご覧ください。
http://www.jpaa.or.jp/benrishinohi/20070630consulting.html

────────────────────────────
◆「元気なモノ作り中小企業300社2007年版」の公表について

中小企業は、高度なモノ作り技術により我が国産業の国際競争力を支える経
済活力の源泉となっています。
また、モノ作りにより地域経済を支えながら内外の市場で活躍する企業、意
匠やデザインにより新規分野を開拓している中小企業が日本の活力を生み出
しています。
中小企業庁では、普段は目に触れにくいが重要な役割を果たしているモノ作
り中小企業の姿を、広く国民に対してわかりやすく示すことにより、これら
中小企業のやる気を一層引き出すとともに、若年層を中心にモノ作り分野に
対する関心を持つきっかけとなることを願い、昨年に引き続き、「元気なモ
ノ作り中小企業300社2007年版」を取りまとめました。
このうち、岡山県からはミクロものづくり企業を含む下記の4社が掲載され
ています。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/070529mono300sya.htm

■岡山県の掲載企業
(株)フジワラテクノアート、モリマシナリー(株)
オーティス(株) 、(株)メイト

【お問い合わせ先】
 中小企業庁経営支援部技術課(担当:皆川、本田)
TEL:03-3501-1816

────────────────────────────
【前号からの継続掲載情報】
◆「ミクロものづくり岡山工業団地準備会」入会希望企業募集中!
(ミクロものづくり岡山工業団地準備会)

ミクロものづくり岡山工業団地準備会(事務局:(財)岡山県産業振興財団)
では、ミクロものづくりクラスターの形成に向け、精密生産技術分野の県内
中小企業の集積を図る工業団地を実現させるため、入会を希望する超精密生
産技術分野のものづくり企業を募集しています。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/zaidan/s22/micro/junbikai.html

■入会資格
岡山県内外に所在する超精密生産技術分野のものづくり企業
(入会審査会で承認を受けたもの)
■会費等
・入会手数料 20万円  
・年会費   10万円(別途、臨時会費を徴収することがあります。)
■お申込み方法
以下の必要書類を受付期間内に、郵送又は持参にて事務局へ提出してくだ
さい。
受付後、入会審査を行い、入会の可否は後日、書面で通知します。
なお、提出された書類は、理由のいかんを問わず返却できません。
・入会申込書 ⇒ 下記URLからダウンロードできます。
http://www.optic.or.jp/zaidan/s22/micro/junbikai.html
・会社概要・パンフレット
・直近2期の決算書及び付属明細書の写し

【入会申込・お問い合わせ先】
ミクロものづくり岡山工業団地準備会事務局
    (財)岡山県産業振興財団経営支援部 中小企業支援センター
(担当:横田、神崎)
   TEL 086-286-9626  FAX 086-286-9627
    〒701-1221 岡山市芳賀5301 テクノサポート岡山

────────────────────────────
◆産学官連携・X線CT・DNAチップの最新情報をご提供します!
(岡山県医用工学研究会)

岡山県医用工学研究会は、医療を取り巻く急速な技術革新の中にあって、医
用工学に関する研鑽や情報交換を行い、もって岡山県の医療技術や医療産業
技術の発展に寄与することを目的としています。
このたび、平成19年度第1回セミナー・交流会を下記のとおり開催します
ので、ご多用中とは存じますが、多数ご出席いただきますようご案内申し上
げます。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/zaidan/s31/me/me070619/me70619.htm

■日  時:平成19年6月19日(火) 13:40~18:30
セミナー:13:40~17:00
交流会 :17:10~18:30
■会  場:テクノサポート岡山 大会議室 (岡山市芳賀5301)
       http://www.optic.or.jp/technosupport/
■内容
  □岡山産学官連携の展望(話題提供シリーズ)
  岡山産学官提携・融合の柱となる「メディカルテクノバレー構想」
    メディカルテクノおかやま
      専門コーディネーター 大村 祐章 氏
□招請講演
   「岡山大学における産学官連携の展開」
     岡山大学   副学長   稲葉 英男 氏
□講演1「X線CTの開発の歴史と最新技術」
    岡山理科大学 工学部 生体医工学科 教授 木原 朝彦 氏
□講演2「繊維型DNAチップの開発— 高分子化学から生命科学へ —」
 三菱レイヨン株式会社 技術技術開発統括部(ゲノムグループ)
            担当部長  秋田  隆 氏
■参加費:シンポジウム参加は無料
交流会参加は、会員:1,000円、会員外関係者:3,000円
■参加申込
下記URLから参加申込書をダウンロード、必要事項をご記入の上、6月1
2日(火)までにFAX又はE-mailでお申し込みください。
  http://www.optic.or.jp/zaidan/s31/me/me070619/me70619.htm

【お問い合わせ・お申込先】
 岡山県医用工学研究会事務局
 財団法人岡山県産業振興財団技術支援部(担当:間宮)
E-mail:mtsugeno at optic.or.jp
  TEL 086-286-9651  FAX 086-286-9676

────────────────────────────
◆各種助成制度の公募状況(更新)

■産学共同シーズイノベーション化事業『顕在化ステージ』【委託費】
 大学等の基礎研究に潜在するシーズ候補を、研究報告会等を通じて産業
界の視点で見出し、顕在化させようとするシーズ候補に関して企業に所属
する実施責任者を中心とした産学共同研究により、シーズ候補の顕在化の
可能性を検証するためのフィージビリティスタディを支援します。
○募集期間:平成19年2月5日(月)~ 平成19年8月6日(月)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/innovate/innov/index.html

【お問い合わせ先】
 (独)科学技術振興機構 産学連携事業本部 技術展開部
 イノベーション創出課
E-mail:innovate at jst.go.jp
TEL 03-5214-7995  FAX:03-5214-8496

■独創的シーズ展開事業『委託開発』【委託費】
 大学や公的研究機関等の研究成果で、特に開発リスクの高いものについ
て企業に開発費を支出して開発を委託し、実用化を図っています。
○募集期間:
(第2回)平成19年5月9日(水)~平成19年7月31日(火)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/itaku/

【お問い合わせ先】
 (独)科学技術振興機構 産学連携事業本部 開発部
 開発計画課
E-mail:project at jst.go.jp
TEL 03-5214-8994  FAX:03-5214-8999

■事業化助成金(第1回)
 優れた技術シーズ・ビジネスアイデアはあるものの、新事業開拓に取り
組むことが困難な状況にある創業者または中小企業に対して、資金面での
助成とともにビジネスプランの具体化・販路開拓等に向けたコンサルティ
ングを実施し事業化を支援するものです。
○募集期間:平成19年5月9日(水)~平成19年6月8日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.smrj.go.jp/venture/grant/021538.html

【お問い合わせ先】
(独)中小企業基盤整備機構 新事業支援部 資金助成室
TEL 03-5470-1539

■世界にチャレンジ!販路開拓支援事業
 県が戦略的産業として育成を図っているバイオ関連、超精密生産技術、
医療・福祉・健康関連、環境関連及びIT関連の5分野において、海外市場
等の調査、又は海外国際見本市等への出展を行う県内企業等に費用の一部
を助成します。
○募集期間:平成19年5月18日(金)~平成19年12月28日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sanki/kokusai/kokus7.html

【お問い合わせ先】
岡山県産業労働部産業企画課経済国際化推進班(担当:松原)
E-mail:sanki at pref.okayama.lg.jp
TEL 086-226-7365  FAX:086-226-3449

■産学共同シーズイノベーション化事業『育成ステージ』【委託費】
 顕在化されたシーズについてイノベーション創出に育成するプランを立
案いただき、育成しようとするシーズに関して産学共同で研究(マッチン
グファンド形式)を行う研究開発課題を募集するものです。
○募集期間:平成19年6月1日(金)~平成19年8月20日(月)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/innovate/innov/index.html

【お問い合わせ先】
 (独)科学技術振興機構 産学連携事業本部 技術展開部
 イノベーション創出課
E-mail:innovate at jst.go.jp
TEL 03-5214-7995  FAX:03-5214-8496

■新連携対策補助金(事業化・市場化支援事業第2期、連携体構築支援事業)
 中小企業が事業の分野を異にする事業者(中小企業、大企業、個人、組合、
研究機関、NPO等)と有機的に連携し、その経営資源(技術、マーケティ
ング、商品化等)を有効に組み合わせて、新事業活動を行うことにより、新
市場創出、製品・サービスの高付加価値化を目指す取り組み(「新連携」)
を支援します。
○募集期間:平成19年6月25日(月)~平成19年7月20日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shinpou/070109shinrenkei_koubo.htm

【お問い合わせ先】
 中国経済産業局産業部中小企業課
   TEL 082-224-5661  FAX 082-224-5643

=================================================================
■ご意見・ご感想及び配信の申込み・中止、配信先の変更等はこちらへ。
 mailto:kenji_kashima at pref.okayama.lg.jp

■このメールマガジンの文字が小さい等見にくい場合は、ご使用のパソコンで
文字を拡大する等、設定を変更してご覧ください。

■このメールマガジンのバックナンバーは、下記URLからご覧いただけます。
http://www.optic.or.jp/micro/
「活動概要」の「メールマガジン」のページをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-★ミクロものづくり岡山メールマガジン★-
〒701-1296
岡山市芳賀5301
 岡山県工業技術センター ミクロものづくり推進担当(加島)
TEL.086-286-9609 FAX.086-286-9631
mailto:micro at okakogi.go.jp
kenji_kashima at pref.okayama.lg.jp
http://www.optic.or.jp/micro/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年06月01日

ページのトップに戻る