ミクロものづくり岡山

HOME » ミクロものづくり岡山メールニュース » 「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第38号

「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第38号

「ミクロものづくり岡山」メールマガジン 第38号(2007.10.24)
■□■□■晴れの国、技の国おかやま■□■□■
http://www.optic.or.jp/micro/
────目次─────
◆産業資材講演会「繊維系複合材料の最近の応用事例」参加者募集中!

◆「岡山県産業振興財団訪問キャラバン」参加者募集中!

◆第4回MOT手法研修会「技術戦略を探る特許情報検索」参加者募集中!

◆「OUSフォーラム2007-基礎から応用・未来技術への出会いと対話」
参加者募集中!

◆「岡山大学 知恵の見本市2007」開催のご案内

——————————————
【前号からの継続掲載情報】

◆「ミクロものづくり岡山工業団地準備会」入会希望企業募集中!

◆半導体ネットおかやま例会&特別公開講演会参加者募集中!

◆各種助成制度の公募状況(更新)

────────────────────────────
◆産業資材講演会「繊維系複合材料の最近の応用事例」参加者募集中!
(岡山県工業技術センター)

近年、自動車及び航空機業界等においては、地球温暖化対策や資源節減の観
点から部材の軽量化が最重要課題となっています。現場での最も一般的な軽
量化手法としては、金属から樹脂への材料転換が考えられます。
本講演会におきましては、自動車部材への開発事例として「自動車外板部品
への植物由来資源の応用」について解説していただきます。
また、併せて本年度「ものづくり日本大賞」で受賞した四軸織物(タテ、ヨ
コおよび2方向のナナメ糸から成る織物で、形態安定性や引き裂き特性に優
れる)について、開発経緯や展望等を関係者の方々から概説していただく予
定にしております。
時節柄、業務ご多忙とは存じますが、講演会への参加の程、宜しくお願いい
たします。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.okakogi.go.jp/Official/sanngyou11.13.pdf

■日時:平成19年11月13日(火)13:30~16:45
■場所:テクノサポート岡山 中会議室(岡山市芳賀5301)
■内容  
  第1部
  【特別講演】自動車外板部品への植物由来資源の応用
          ~循環型社会の実現に向けて~
     講師:トヨタ車体株式会社  理事  平田慎治 氏
     概要:地球環境温暖化対策として、石油由来の資源から再生可能な
        植物由来資源への転換を自動車部品開発の実例を基に解説
        し、カーボンニュートラルな材料の使用によるサスティナブ
        ル社会の実現を提案する。 
  第2部
  【四軸織物の開発と実用化(ものづくり日本大賞受賞記念)】
 (1)四軸織物の開発と経緯     
     明大株式会社 代表取締役社長    小河原通弘 氏
 (2)四軸織物の特性
     岡山県工業技術センター 専門研究員    光石一太 氏
 (3)四軸織物のマーケテイング展望
     NI帝人商事株式会社 繊維資材第二部 部長 平田恭成 氏
■参加費:無料
■参加申し込み方法:
下記のいずれかの方法により11月9日(金)までにお申し込みください。
(1) FAXによるお申込み
 下記URLからダウンロードした参加申込書(PDFファイル)に必要事
項をご記入の上、下記FAX番号へ送信してください。
http://www.okakogi.go.jp/Official/sanngyou11.13.pdf
(2) E-mailによるお申込み
 必要事項をご記入いただいた電子メール(以下のフォーマットをご利
用ください)を、下記メールアドレスにお送りください。
 なお、件名を「11/13産業資材講演会参加申込」としてください。
——————————————
      産業資材講演会申込書   平成19年11月13日開催

  企業名:
   所在地:
   電 話:
   FAX:
   参加者:
    氏名:
——————————————

 【お問い合わせ・申込先】
   岡山県工業技術センター 化学系技術部 繊維新素材グループ
                   (担当:光石、川野、本行)
    E-mail:kazuta_mitsuishi at pref.okayama.lg.jp
    TEL 086-286-9600  FAX 086-286-9630

────────────────────────────
◆「岡山県産業振興財団訪問キャラバン」参加者募集中!
~★経営相談★や◆公的支援制度(補助・貸付金)◆など
               お役立情報を一挙ご紹介~
(岡山県産業労働部産業振興課)

「水島ソシエ」は、セレモニー的なことは一切省略し、普段なかなか知り合
えないような人が一同に集まり、ネットワークの輪を広げることを目的とし
ています。
岡山県産業振興財団は,意欲ある県内産業の振興・育成を目指して活動して
いる財団です。経営や技術開発の御相談はもとより、国や県の公的補助金や
貸付金といった支援制度の多くを取り扱っています。
今回は,財団の方から活動全般の紹介をいただき、皆様の事業活動のお役に
立てていただきたいと思います。
また、コンビナート企業等で策定中の国際競争力強化ビジョン案を、県から
ご紹介いたします。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/gijutu/1910event.html

 ■日時:平成19年11月1日(木)15:00~17:00
(懇親会:17:00~19:00)
 ■場所:水島サロン内 コミュニティプラザ
     (倉敷市水島東千鳥町1-50)
      ⇒ http://www.omsalon.jp/
 ■内容:
  ◎財団総務部事業のご紹介
    財団の概要説明,設備の導入資金,岡山TLOなど 
  ◎財団経営支援部事業のご紹介
    窓口相談,専門家派遣,下請取引斡旋,商談会開催,
    再生支援など
  ◎財団技術支援部事業のご紹介
    産学官連携事業,新技術・新製品の研究開発支援補助金,
    技術研究会や異業種交流活動など
 ■定員:40名 (先着順)
 ■参加費:無 料 (懇親会参加費:3,000円)
■その他:ご本人さまのお名刺を40枚程度ご持参ください。
■参加申込方法
こんな交流の場に参加してみたいという方は、下記URLからお申し込み
ください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sangyo/gijutu/1910event.html
※申込の場合には、下記項目についてお知らせください。
・ 会社名(団体名)
・ 役職名
・ 氏 名
・ メールアドレス
・ ホームページ
・ 懇親会参加の有無
・ 参加者からのひとくちコメント(100字程度まで。コメントなし
      でも結構です。)
 ~コメントは当日資料に記載し参加者に配布します。~
※懇親会からの参加もOK!こちらの定員はありません

 【お問い合わせ・申込先】
岡山県産業労働部産業振興課産業支援班(担当:脇本)
E-mail: yasushi_wakimoto at pref.okayama.lg.jp
TEL 086-226-7352  FAX 086-224-2165

────────────────────────────
◆第4回MOT手法研修会「技術戦略を探る特許情報検索」参加者募集中!
(岡山大学産学官融合センター)

特許情報は,知財戦略を遂行する上で不可欠であるばかりではなく,技術戦
略を立案し実行する上でも極めて重要な情報源です。この特許情報を分析し
活用することにより,研究開発の質の向上と効率の向上を図ることができる
のです。
今回は,「第2回MOTセミナー『技術戦略・研究開発』を受けて,特許情報
検索に関する手法研修会を開催いたします。
「特許に関する基礎知識」と「技術戦略の面からの特許情報の調査と活用」
についての講義を行った後に,演習で具体的な手法を習得していただくプロ
グラムとなっております。
講義および演習は,インターネットを使って実際に特許庁のホームページへ
アクセスして行いますので,研究開発の方向付けなどに,すぐにご活用いた
だける手法研修です。企業の技術者の皆様,技術管理者の皆様のご参加をお
待ちしております。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.okayama-u.ac.jp/user/crc/home/act07/mot_syuho04.html

■日時:平成19年11月17日(土)9:30~16:45
 ■会場:岡山大学産学官融合センター 2階 会議・研修室
    アクセス方法↓
http://www.okayama-u.ac.jp/user/crc/home/access.html
 ■講師:岡山大学産学官融合センター准教授(学術博士) 藤原貴典 氏
     岡山大学産学官融合センター客員教授
       (技術士,工学博士, ((株)アステア))
                             吉田 寛 氏
■定員:15名 (定員に達し次第,受付を終了させていただきます)
 ■参加費:無料

 【お問い合わせ・申込先】
岡山大学産学官融合センター 事務室
   E-mail:center at crc.okayama-u.ac.jp 
   TEL 086-251-8460  FAX 086-251-8467

────────────────────────────
◆「OUSフォーラム2007-基礎から応用・未来技術への出会いと対話」
参加者募集中!
(岡山理科大学学外連携推進室)

岡山理科大学では、本学の持つ技術シーズを地域に紹介し産学官連携を推進
するため、2001年度から「OUSフォーラム」を開催し、今年で7回目を迎
えます。
OUSフォーラムでは、産業界との交流を活発にして、ホットな研究成果シー
ズを世界に発信するとともに、企業の生のニーズ・新技術開発をタイムリー
に把握するため、各ビジネス領域に直接的に対応した8つのステーションを
設け、広範囲の研究成果シーズならびに産学連携活動成果を公開します。
また、最近、社会的関心の高い「バイオマス燃料」、および「グリーンケミ
ストリー」に関する講演も予定しています。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.ous.ac.jp/OFFICE/KOUHOU/information/ousforum2007.html

■日時:平成19年11月22日(木)13:00~17:00
 (交流会:17:00~)
 ■会場:岡山プラザホテル(岡山市浜、後楽園北隣) 4F・5F
http://www.oplaza-h.co.jp/
■参加費:無料
■内 容
1 前半の部(講演会)
○開会挨拶 (13:00~13:10)
○特別記念講演1(13:10~14:00)
    「新エネルギー「バイオマス燃料」の現状と将来」
   (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
新エネルギー技術開発部  主査 銅谷 陽 氏
○特別記念講演2(14:00~14:30)
「グリーン化学プロセス」
岡山理科大学ハイテク・リサーチ・センター 代表
岡山理科大学 工学部バイオ・応用化学科 教授 大寺純蔵氏
2 後半の部(ポスター・セッション
○14:40~15:40
下記4ステーションでポスター口頭説明
・バイオ・化学・機能性食品
・環境(省エネルギー・廃棄物処理)
・ものづくりの基盤技術
・社会科学・自然との共生
○15:50~16:50
下記4ステーションでポスター口頭説明
・生命・医薬・動物
・福祉・介護・医療
・新しいロボットへの挑戦
・ものづくりのイノベーションの挑む解析シミュレーション
3 交流会(17:00~17:30)
■参加申込
11月17日までに電話またはメールで下記あてお申込みください。

【お問い合わせ・お申込先】
  岡山理科大学 学外連携推進室
  mailto:renkei at office.ous.ac.jp
  TEL 086-256-9730 または 9731  FAX 086-256-9732

────────────────────────────
◆「岡山大学 知恵の見本市2007」開催のご案内
(岡山大学研究推進・産学官連携機構)

このたび岡山大学では,研究シーズを公開することにより,地元企業の皆様
との連携を深め,共同研究の推進,研究成果の事業化,製品化を図ることを
目的として「岡山大学 知恵の見本市2007」を下記の通り開催すること
となりました。
つきましては,業務ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが,ご周知およ
びご来場を賜りますようお願い申し上げます。

 ■日時:平成19年12月7日(金) 10:00~17:00
 ■場所:岡山大学創立五十周年記念館(岡山市津島中一丁目1番1号)
 ■参加費:無料
 ■主催:岡山大学研究推進・産学官連携機構
■内容
(1)開会式(13:00~13:10)
(2)特別講演(13:30~14:30)
     独立行政法人産業技術総合研究所
      産学官連携推進部門長 矢部 彰 氏
(3)研究成果プレゼンテーション(14:50~16:10)
     20分×4テーマ 
(4)研究室見学(15:00~17:00)
(5)パネル紹介 ブース展示(10:00~17:00)
     岡山大学教員の研究成果,21世紀COE,特色GP等
      の紹介
(6)相談コーナー(13:00~17:00)
     産学連携コーディネータによる技術相談

────────────────────────────
【前号からの継続掲載情報】
◆「ミクロものづくり岡山工業団地準備会」入会希望企業募集中!
(ミクロものづくり岡山工業団地準備会)

ミクロものづくり岡山工業団地準備会(事務局:(財)岡山県産業振興財団)
では、ミクロものづくりクラスターの形成に向け、精密生産技術分野の県内
中小企業の集積を図る工業団地を実現させるため、入会を希望する超精密生
産技術分野のものづくり企業を募集しています。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/zaidan/s22/micro/junbikai.html

■入会資格
岡山県内外に所在する超精密生産技術分野のものづくり企業
(入会審査会で承認を受けたもの)
■会費等
・入会手数料 20万円  
・年会費   10万円(別途、臨時会費を徴収することがあります。)
■お申込み方法
以下の必要書類を受付期間内に、郵送又は持参にて事務局へ提出してくだ
さい。
受付後、入会審査を行い、入会の可否は後日、書面で通知します。
なお、提出された書類は、理由のいかんを問わず返却できません。
・入会申込書 ⇒ 下記URLからダウンロードできます。
http://www.optic.or.jp/zaidan/s22/micro/junbikai.html
・会社概要・パンフレット
・直近2期の決算書及び付属明細書の写し

【入会申込・お問い合わせ先】
ミクロものづくり岡山工業団地準備会事務局
    (財)岡山県産業振興財団経営支援部 中小企業支援センター
(担当:横田、神崎)
   TEL 086-286-9626  FAX 086-286-9627
    〒701-1221 岡山市芳賀5301 テクノサポート岡山

────────────────────────────
◆半導体ネットおかやま例会&特別公開講演会参加者募集中!
(半導体ネットおかやま)

「半導体ネットおかやま」は、県下の研究者間の交流と産業界との交流を推
進し、新しいシーズ、ニーズの創出を探求する場を生み出すことを目的に、
ミクロものづくり岡山創成事業との緊密な連携のもとに、県下の大学・高専
及び企業で活躍する半導体材料・デバイス・回路設計等の研究者による所属
機関・学会を越えた地の利を生かしたネットワークとして設立・活動してい
ます。
このたび、「半導体ネットおかやま」の活動内容、会員企業の概況をご案内
するとともに、文部科学省のICT(情報通信技術)人材育成プロジェクト実
践校に指定され半導体分野における人材育成に取り組んでいる岡山工業高校
の成果報告、さらには、長野オリンピック表彰式の演出を手がけられた岡山
県立大学の児玉由美子先生による特別講演を下記により開催いたします。
「半導体」という分野はちょっとこれまで縁遠いとお感じの方も、今回の例
会及び特別講演会を通じ、半導体分野及び「半導体ネットおかやま」を少し
でも身近に感じていただければ幸いです。
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.optic.or.jp/micro/info/071025silicon.pdf

■開催日時:平成19年10月25日(木) 13:00~17:00
■開催場所:岡山大学大学院自然科学研究科 大講義室(岡山市津島中3-1-1)
■プログラム
(1)開会挨拶及びスケジュール紹介(13:00~13:10)
半導体ネットおかやま副代表 津山工業高等専門学校
教授 伊藤 國雄 氏
(2)「半導体ネットおかやまの目指すもの」 (13:10~13:30)
半導体ネットおかやま代表 岡山理科大学 教授 財部 健一 氏
(3)話題提供1(13:30~14:10)
「三社電機の技術の現状と将来及び環境への取組」
三社電機株式会社 技術部部長 奥村 三郎 氏
(4)話題提供2(14:10~14:50)
「東洋電器の紹介と半導体レーザ/劈開工程の課題と展開」
東洋電器株式会社 製造本部長 横山 富紀夫 氏
------- 休憩(14:50~15:10)-------
(5)話題提供3(15:10~15:40)
「ICT 人材育成プロジェクト成果報告」
岡山工業高等学校 情報技術科長 晴田 和夫 氏
〃 生徒たち
(6)特別講演(15:40~16:40)
「LED が拓く素晴らしい光の世界-芸術・照明デザイン・可視光通信
への応用-」
岡山県立大学 デザイン学部 准教授 児玉 由美子 氏
(7)閉会挨拶(16:40~16:50)
半導体ネットおかやま幹事 津山工業高等専門学校
准教授 中村 重之 氏
(8)次回開催校紹介(16:50~17:00)
半導体ネットおかやま副代表 岡山大学 教授 上浦洋一 氏
■参加費:無料
■参加申込方法
下記のいずれかの方法によりお申し込みください。
(1) FAXによるお申込み
 下記URLからダウンロードした参加申込書(PDFファイル)に必要事
項をご記入の上、下記FAX番号へ送信してください。
http://www.optic.or.jp/micro/info/071025silicon.pdf
(2) E-mailによるお申込み
 必要事項をご記入いただいた電子メール(以下のフォーマットをご利
用ください)を、下記メールアドレスにお送りください。
 なお、件名を「「半導体ネットおかやま」第3回例会及び公開特別講
演会」としてください。
——————————————
・所属(企業等)名:
・所在地:
・参加者の役職及びお名前:
・会場までの交通手段:
・連絡先
電話番号
FAX
E-mail
——————————————

【お問い合わせ・お申込先】
担当機関:津山工業高等専門学校
担当窓口:産学官連携コーディネータ 大重 広明
E-mail: techno at tsuyama-ct.ac.jp
TEL: 0868-24-8217 FAX:0868-24-8406

────────────────────────────
◆各種助成制度の公募状況(更新)

■世界にチャレンジ!販路開拓支援事業
 県が戦略的産業として育成を図っているバイオ関連、超精密生産技術、
医療・福祉・健康関連、環境関連及びIT関連の5分野において、海外市場
等の調査、又は海外国際見本市等への出展を行う県内企業等に費用の一部
を助成します。
○募集期間:平成19年5月18日(金)~平成19年12月28日(金)
※詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.pref.okayama.jp/sangyo/sanki/kokusai/kokus7.html

【お問い合わせ先】
岡山県産業労働部産業企画課経済国際化推進班(担当:松原)
E-mail:sanki at pref.okayama.lg.jp
TEL 086-226-7365  FAX:086-226-3449

=================================================================
■ご意見・ご感想及び配信の申込み・中止、配信先の変更等はこちらへ。
 mailto:kenji_kashima at pref.okayama.lg.jp

■このメールマガジンの文字が小さい等見にくい場合は、ご使用のパソコンで
文字を拡大する等、設定を変更してご覧ください。

■このメールマガジンのバックナンバーは、下記URLからご覧いただけます。
http://www.optic.or.jp/micro/
「活動概要」の「メールマガジン」のページをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-★ミクロものづくり岡山メールマガジン★-
〒701-1296
岡山市芳賀5301
 岡山県工業技術センター ミクロものづくり推進担当(加島)
TEL.086-286-9609 FAX.086-286-9631
mailto:micro at okakogi.go.jp
kenji_kashima at pref.okayama.lg.jp
http://www.optic.or.jp/micro/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2007年10月24日

ページのトップに戻る