ミクロものづくり岡山

HOME会員企業検索 ≫ 品川リフラクトリーズ 株式会社 西日本工場

品川リフラクトリーズ 株式会社 西日本工場

世界トップクラスの総合耐火物メーカー

Topix

Topix

当社は、総合耐火物メーカーとして、140余年に亘り常に時代の...

[続きを読む]

----/--/-- 更新

事業内容

主要取引先

(鉄鋼会社)JFEスチール(株)、(株)神戸製鋼所、新日鐵住金(株) など

提供したい技術

コークス炉補修用珪石れんが(HRS)、低熱伝導性アルミナ-カーボンれんが(ECONOS)、鋼品質改善用モーグル型浸漬ノズル(SBX)、省力型取鍋スライドバルブ装置(Typs SST)、連続鋳造用超高速粘度モールドパウダー(PRIOS)、環境対応型連続鋳造用ホワイトパウダー、環境対応型セメントキルン用クロムフリーれんが(ECOLOK)

ポイント(製造可能な精度・材質等)

当社は、耐火物の総合メーカーとして、130年をこえる歴史を通じて、常に時代に即応した製品を研究開発し、蓄積した技術は世界の最高水準にあり、耐火物についてのあらゆるニーズにこたえています。定形耐火物は当社の主要製品としての位置をしめ、各産業分野の各種工業窯炉に適応する、数多くの製品を生産しています。近年、省エネルギー、省力、公害防止など、工業炉に対する要求が強まっていますが、これらの時代のニーズにも応じられる製品づくりを目指しています。

主要製品

(鉄鋼用)製銑用耐火物(高炉・熱風炉・コークス炉)、出銑用耐火物混銑車、取鍋、二次精錬用耐火物、転炉、電気炉用耐火物、連続鋳造用耐火物、加熱炉用耐火物、モールドパウダー
(非鉄用)銅・亜鉛・鉛・アルミニウム精錬用耐火物
(窯業その他)ガス、石油、化学プラント用耐火物、セメント、石灰炉用耐火物、ガラス、陶磁器焼成窯用耐火物、産業廃棄物、都市ゴミ焼却炉用耐火物、その他一般炉用耐火物、ファインセラミックス、セラミックファイバー

応用・利用可能範囲(適用可能な部品等)

耐火物は、多くの産業を支える大切な役割を担っています。二千度におよぶ高温に耐え、経済性も備えた材料は「耐火物」のほかにはありません。そのため、超高温熱エネルギーを必要とする鉄、非鉄金属、ガラス、セメント、石油化学といった素材産業に、また電力などのエネルギー産業に、さらには、陶磁器、タイル、衛生陶器などの産業に、なくてはならない産業です。                         また、耐火物は、急速に進歩した現代社会の副生成物である様々な、そして大量の産業廃棄物処理にも、重要な役割を果たしています。廃棄物の種類と処理方式によって、焼却炉には多様な炉材が求められているのです。当社は、最新鋭の生産設備と合理的な工程、徹底した品質管理などにより、あらゆる耐火物を生産して、産業界のニーズに対応しています。

自社技術・製品の特徴

耐火物の製造、窯炉の設計、築炉工事等のエンジニアリングサービスなど、常に業界のトップを走る新技術や新製品の開発を通じて産業界の期待に応えてきた品川リフラクトリーズ。
140余年の伝統の中で蓄積された豊富なノウハウと技術開発力は耐火物のさらなる応用分野を広げ、時代のニーズに的確に応えた数々のセラミックス製品を商品化しています。
私たちはこのような研究開発の成果と実績をもとに、国内はもとより、広く世界の企業と交流を深めています。
現在までに、世界50カ国以上の国々に煉瓦プラントや製品を輸出しており、今後もますます拡大していくものと確信しています。 

主要設備

設備機器名称等 仕様・能力・メーカー等 台数
混練用ミキサー
Max.1000kg/バッチ
20
油圧式真空プレス
最大5000ton、Max.1440mmサイズ
7
その他のプレス

22
トンネル式焼成炉
最高温度1850℃
4
その他の焼成炉

3
耐火物加工用各種設備

40
コンピュータ統合生産システム
岡山製造部塩基性煉瓦プラントでは、最新のコンピュータ統合生産システムによる生産管理方式によって、秤量・混練・成形・台車積載・乾燥・焼成・検査・梱包など、
 
 
すべての製造工程を、管理するとともに自動全数検査システム導入による徹底した品質管理体制を実現しています。これにより生産性向上とともに安全性と省人化を達成し、高品質煉瓦を安定供給する体制を確立しています
 

画像

所在地地図

大きな地図で見る

会社概要

社名
品川リフラクトリーズ 株式会社 西日本工場
代表者
執行役員 工場長 多田 秀徳
所在地
〒705 - 8615
備前市東片上88
電話番号
0869-64-3311
FAX番号
0869-63-9070
URL
http://www.shinagawa.co.jp
facebook

創業年月
明治8年
資本金
330000万円
従業員
2805(連結)、1126(単独)名
窓口担当
西日本工場 総務室長 吉久 博満

ページのトップに戻る