ミクロものづくり岡山

HOME » 活動概要

活動概要

設立趣旨

岡山県は、我が国を代表するコンビナートである水島工業地帯を擁するとともに、電気機械・造船・農業機械などの加工組立型産業や繊維、耐火物などの地場産業が県内各地に幅広く立地する全国有数のものづくり県であります。
長年にわたる製造業の発展により、県下全域に優れたものづくり技術が蓄積されており、とりわけ、精密・微細な製品づくりを可能とする要素技術や機械製造技術は、集積の層が厚く、世界に通用するレベルに達しています。
こうした精密なものづくり技術は、これからの成長が期待される医療・福祉・健康関連分野をはじめ、我々の社会生活を豊かに快適にするさまざまな先端産業に広く応用される共通の基盤技術であり、また、我が国の製造業がグローバルな競争を勝ち抜くために大きな武器となるものでもあります。
そこで我々は、こうした精密生産技術の集積を活かし、大学などの知的資源との融合を図りながら、ミクロ・ナノ・精密・微細・ファインをキーワードに、技術の高度化を永続的に進めるとともに、新事業の創出や世界への発信などの戦略事業を総合的に実施することにより、今後の本県産業の中核を担うミクロものづくり産業群の形成を目指します。
ミクロものづくり岡山の創成のためには、関連する企業自らの変革に向けての強い意志と行動に加え、企業間や大学、産業支援機関との有機的な連携・協力が必要であり、ミクロものづくりを地域をあげた取組に高めることが不可欠であります。
このため、関係する企業、団体、大学等、産業支援機関、金融機関、行政が一堂に会し、共通の目的意識を持ちながら、一丸となって、ミクロものづくりを旗印に岡山版産業クラスターの形成を目指すための新たな連携組織をここに設立するものであります。

推進組織

会長 伊原木隆太(岡山県知事)
副会長 中島 博(岡山県経済団体連絡協議会座長)
森田 潔(国立大学法人岡山大学学長)
会員 企業 約160社
支援機関
(41団体)
経済団体 岡山県経済団体連絡協議会、岡山県商工会議所連合会、岡山県経営者協会、(一社)岡山経済同友会、岡山県中小企業団体中央会、岡山県商工会連合会
大学等 岡山大学、岡山県立大学、岡山理科大学、川崎医科大学、川崎医療福祉大学、吉備国際大学、倉敷芸術科学大学、美作大学、津山工業高等専門学校、中国職業能力開発大学校
行政 中国経済産業局、岡山労働局、岡山県、岡山県市長会、岡山県町村会
産業支援
団体等
(公財)ちゅうごく産業創造センター、(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 岡山職業訓練支援センター、(独)中小企業基盤整備機構中国本部、(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)岡山貿易情報センター、(公財)岡山県産業振興財団、(一財)岡山セラミックス技術振興財団、(一社)発明協会岡山県支部、(公社)山陽技術振興会、(一社)岡山県機械金属工業連合会、岡山リサーチパークインキュベーションセンター、(一財)玉野産業振興公社、つやま新産業開発推進機構、岡山県精密生産技術研究会
金融機関 (株)商工組合中央金庫岡山支店、(株)日本政策金融公庫岡山支店、(株)日本政策投資銀行岡山事務所、(株)中国銀行、(株)トマト銀行、岡山県信用保証協会

ページのトップに戻る